多摩区版 掲載号:2018年2月9日号
  • googleplus
  • LINE

川崎市選抜チームの新監督として、第72回市町村対抗「かながわ駅伝」に臨む 鈴木 大さん 中野島在住 44歳

若手育成に魂込め

 ○…2月11日に行われる「かながわ駅伝」の川崎市チーム監督に就任。大会を通じて次世代を担う中学生選手を育てていく、川崎市陸上競技協会の方針のもと、「さまざまな学校関係者から寄せられる信頼の厚さと、しっかりした観察眼」(同会・皆川敏明理事長)で抜擢された。「学校の陸上部で見る監督の立場と、市内各地から集まる選抜メンバーを見るのは違う仕事。どういうものなのか探っている」。メンバーについては「力のある選手が揃った。優勝も狙える位置にいる。川崎市として一つの目標に向かって挑戦すれば結果が見えてくる」と力を込める。

 ○…市立川崎高校附属中学校(川崎区)で保健体育を教える。学生時代に陸上部の後輩を指導する中、教えることで選手が変わる様子に嬉しさを覚えた。教員の世界に興味を持ったきっかけだ。大学卒業後に教員生活をスタートさせ、市立南大師、王禅寺、野川、橘中学校で教壇に立った。当初は非常勤講師として働き、正規採用まで9年。正規で最初の赴任先だった前任の菅中学校(菅城下)は、11年勤めた。多摩区暮らしは15年ほどになる。

 ○…陸上競技は「努力した分だけ結果を実感できるスポーツ」という。宮前区出身で有馬中学校時代に陸上競技を始め、川崎北高校、東海大学で続けた。中長距離(800、1500メートル)の選手だったが、「中学校駅伝では市大会で優勝、県で3位を獲得した程度。足は遅かったし、スポーツは得意だと思ったことはないんですよ」。

 ○…競技を続けながら関心を持ったのは、足の速い選手の体の使い方。効率よく速く走る技術を追求したカール・ルイス選手やウサイン・ボルト選手の走りには唸った。菅中学校に在任中、自身が描く無駄のない理想の走りを見せた生徒がいた。その生徒は都道府県駅伝でも活躍。「こうした選手を輩出できるようにしていきたい」。次世代育成への思いを語った。

多摩区版の人物風土記最新6件

島崎 蓉子さん

30周年を迎えた「日本伝統工芸“水引”研究会」の会長を務める

島崎 蓉子さん

9月21日号

元沢 伸夫さん

バスケB1「川崎ブレイブサンダース」運営会社の社長として、初シーズンに挑む

元沢 伸夫さん

9月14日号

望月 幸夫さん

生田地区町会連合会のキャラクター「仮面ウォーカーイクター」を生み出した

望月 幸夫さん

9月7日号

上水 俊哉さん

多摩区PTA協議会で2018年度の会長を務める

上水 俊哉さん

8月31日号

関山 正夫さん

宿河原囃子保存会の会長で、夏休みに子ども向け教室を開く

関山 正夫さん

8月17日号

山口 淑子(よしこ)さん

「神奈川県原爆被災者の会」川崎支部の支部長として語り部活動などを続ける

山口 淑子(よしこ)さん

8月10日号

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク