多摩区版 掲載号:2018年3月2日号 エリアトップへ

日本洗車技術指導協会の代表で、多摩区で高齢者雇用の取り組みを始めた 上谷 光彦さん 三鷹市在住 61歳

掲載号:2018年3月2日号

  • LINE
  • hatena

「わくわく」で創る人生

 ○…わくわく楽しい人生を――。定年退職後のシニア世代に向けて、「無水洗車」で地域交流を促す新しい働き方を提案する。「社会経験のある人生の先輩や同世代の人たちと、人生を楽しく意義あるものにしていきたい」。目指すのは高齢者が働き、感謝の対価として「お金を稼ぐ」仕組みをつくること。「年金プラスもう少しほしい、という年金生活者の希望にも応えられる。スタッフが近所の人から『洗車のおじさんだ』と呼ばれるようになったら」と、未来の姿を想像する。

 ○…大卒後、都内の書店で10年間のサラリーマン生活を経て、33歳で独立。当時日本にはなかったというシェアオフィス事業を展開した。「僕はアイデアは良いんだよね」と笑みをこぼす。60代を迎え、同世代が寂しく去っていく姿を目の当たりに。「個々の経験や才能を生かし、地域に貢献できるビジネスはないか」。ウォーキングをしている時、家々の駐車場に並ぶ車に目が留まった。そこでたどり着いたのが働き手と顧客が感謝し合える「洗車」。同じ志を持つ仲間とともに、新たな一歩を踏み出した。

 ○…中野生まれ、三鷹育ち。「やんちゃでおしゃべりで、いたずらっ子」と振り返る。小学校から市外に通い、社会人になっても地元は帰るだけの場所。高校教師だった父親は、定年後に地元で書道教室を開いた。「近所の人たちがたくさん来て。自分の住んでいる所を知らないのはよくないなと」。そんな経験が今の思いにつながっている。

 ○…縁あって国際生田緑地ゴルフ場の駐車場で先月事業を開始。「こういう仕事をやってみようとチャレンジしてくれた方たちは本当にすごい」と、集まった60〜70代のスタッフに感謝がにじむ。すでに近所からの利用もあり、交流の場面に出会うことも。「まだまだ仲間を増やして、また新しい何かをしていけたら。枯れる瞬間まで生きていけたらいい」。掲げた夢を、着々と周囲に広めていく。

多摩区版の人物風土記最新6

栗原 真仁さん

小田急線の登戸駅―百合ヶ丘駅間の5駅を管轄する、登戸駅長に就任した

栗原 真仁さん

登戸在勤 52歳

5月17日号

秋元 良己さん

4月1日付で多摩消防署の署長に就任した

秋元 良己さん

川崎区在住 59歳

4月19日号

荻原(おぎはら) 圭一さん

4月1日付で多摩区長に就任した

荻原(おぎはら) 圭一さん

大田区在住 58歳

4月12日号

相庭 隆さん

多摩区公園BOOKを編集する市民団体「たまたま子育てネットワーク」の代表

相庭 隆さん

中野島在住 63歳

4月5日号

加藤 和男さん

多摩警察署の署長に今月就任した

加藤 和男さん

多摩区在住 54歳

3月29日号

古尾谷(こびや) 敏江さん

全国初の女性消防職員として、女性職員誕生50周年記念式典に先月登壇した

古尾谷(こびや) 敏江さん

元川崎市職員 68歳

3月22日号

横山 大介さん

パーキンソン病であることを公表し、東京マラソンを完走した

横山 大介さん

菅馬場在住 62歳

3月15日号

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月1日0:00更新

  • 4月26日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年5月17日号

お問い合わせ

外部リンク