多摩区版 掲載号:2018年8月17日号
  • googleplus
  • LINE

多摩消防署 震災想定し、破壊訓練 生田出張所 旧庁舎を利用

社会

 震災で建物内に取り残された人を、壁を壊して救助する「破壊訓練」が、多摩消防署により今月1日から10日までの数日間、多摩区役所生田出張所の旧庁舎で行われた。建て替え事業に伴い取り壊される予定の旧庁舎を使った実践的な訓練で、区役所危機管理担当らの協力で実現。同署では今年初で、特別救助隊ら30人以上が参加した。

 7日には、サーチングホールと呼ばれる探索用の小さい穴を壁に空けた後、2枚刃のエンジンカッターを使って壁を三角形に切り抜き、通行用トンネルをつくる「クリーンブリーチング」の訓練などが実施された。壁を切るブリーチングには、穴の向こう側に人がいる想定で粉じんやコンクリート片が極力入らないようにする「クリーン」と、突破を最優先にした「ダーティー」の2種類があるという。

 クリーンブリーチングでは、粉じんを抑えるために水をかけながら作業が進められた=写真。厚さ約12センチの壁にトンネルを通すのには2、3時間程度かかるという。特別救助隊で消防士長の鈴木祐生さん(30)は「通常の救助現場は1、2時間くらいだが、震災時は数カ月単位で作業が続くこともある。無理をしすぎないよう訓練時から体力配分に気をつけたい」と振り返り、「若い隊員にとっても貴重な経験」と手応えを語った。

多摩区版のローカルニュース最新6件

唄に踊り、50組堂々と

区老連

唄に踊り、50組堂々と

9月21日号

生田の神輿に300人超

「3・11」  鎮魂込め巡礼

サンキン会

「3・11」 鎮魂込め巡礼

9月21日号

22の優良事業者を表彰

川崎市

22の優良事業者を表彰

9月21日号

「水引」伝統結び30年

多摩区つなぐ写真募集

多摩区版の関連リンク

あっとほーむデスク

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年9月21日号

お問い合わせ

外部リンク