多摩区版 掲載号:2019年7月12日号 エリアトップへ

川崎市岡本太郎美術館の学芸員で20周年記念展を担当する 大杉 浩司さん 宿河原在住 58歳

掲載号:2019年7月12日号

  • LINE
  • hatena

忘れぬ感情、今も心に

 ○…あす始まる20周年記念展。これまでの歩みを振り返ろうと、開館以来の企画展をすべて集めた。およそ2千点にもなる収蔵品の目録も発行する。「今までやってきたことを一度、市民の皆さんに見てもらいたい。意見をもらって、これからの美術館を考えていく」。節目の年にあたり、地元団体や企業の協力も。「地域密着型で。市立美術館だからこそ、機動力を持って新しいことに挑戦できる」と先を見据える。

 ○…川崎市立中学で美術を教えて10年経った30代半ば、「ある日突然、美術館をつくるからと辞令が出た」。それは岡本氏が亡くなって2カ月後のこと。開館に向けて、作品の整理やコンセプトの検討など奔走した。岡本氏のパートナー・敏子さんは家族のように接してくれたという。「もうだめだと思うことがあっても、やってこられた。敏子さんが『それが岡本太郎のお計らいなのよ』って」。ひらめきを力に、携わった展示は20〜30回に上る。

 ○…特に「太陽の塔」への思いは強い。小学4年生のとき万博で目の前にし、心を奪われた。美術好きな少年で「太陽の塔ばっかり描いていた」と、油絵の大作にも挑戦した。美術館ができて間もなく、「当然自分がやるもの」と太陽の塔をテーマに展示を企画。資料を掘り起こし、関係者への取材も実現した。「そうそうたる人たちの話を聞き、こんなにわくわくするのかと。太郎のことを仕事にできて誇りに思う」

 ○…宿河原に住んで15年ほど。美術館には自転車で通う。「多摩川沿いは夏の早朝が気持ちいい」と散歩も日課だ。岡本氏の芸術をより身近に感じてもらおうと、新たな展示を模索する。「お客さんが直感的に楽しみながら、心に残るものを持って帰ってもらうことが一番大事」。市民目線で、巨匠の思いを次代につなぐ。

7/23家族葬一般葬の相談会

費用・内容などさまざまな疑問や不安にお答えいたします。

http://www.sougi-itabashi.co.jp

<PR>

多摩区版の人物風土記最新6

余湖 英子さん

多摩区文化協会の会長を務める

余湖 英子さん

中野島在住 66歳

10月18日号

古橋 岳也さん

川崎新田ボクシングジムのプロボクサーで、3度目の日本タイトル戦に挑む

古橋 岳也さん

枡形在住 31歳

10月11日号

櫻井 裕二さん

多摩新町自治会の会長で、先駆的に空家対策に取り組む

櫻井 裕二さん

宿河原在住 76歳

10月4日号

木村 元彦さん

設立10周年を迎えた「専修大学少年少女レスリング教室」で代表を務める

木村 元彦さん

東三田在勤 38歳

9月27日号

海法 潤二さん

辺野古の基地建設に対し、川崎から声を挙げようと市民団体を発足させた

海法 潤二さん

菅馬場在住 71歳

9月20日号

金子 敦さん

「菅獅子舞保存会」の会長を今年から務める

金子 敦さん

菅馬場在住 57歳

9月13日号

森田 忠正さん

「登戸研究所保存の会」で事務局長を務める

森田 忠正さん

登戸在住 74歳

9月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月18日0:00更新

  • 10月4日0:00更新

  • 9月27日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク