多摩区版 掲載号:2019年8月2日号 エリアトップへ

調布の大玉花火、復活へ 布田・小川米夫さん 協賛で恩返し

文化

掲載号:2019年8月2日号

  • LINE
  • hatena
「日本人の楽しみの一つ」と語る小川さん
「日本人の楽しみの一つ」と語る小川さん

かつて調布花火で名物とされた「尺玉100連発」を復活させたい―。多摩区布田に住む小川米夫さん(68)や地元住民、調布市職員らの思いが多摩川を越え一つになり、最大8号玉を使った「大玉50連発」が、昨年の荒天中止を経て9月7日、2年越しに実現する見通しとなった。

 およそ1億円の開催費用のうち、調布市によると同市内河川敷の有料席の売上で約半分、市の補助金が約2500万円、残りは企業などからの協賛金で賄われている。「五感で感じる。ドーンとお腹に響いた」。自宅から見える打ち上げ花火が、少年時代から記憶に刻まれているという小川さん。「何か応援できることはないか」。思いを募らせていた矢先、2年前に当時の市担当職員との出会いをきっかけに、今はなき尺玉に代わる「大玉50連発」の企画が持ち上がった。この「大玉」の実現に向け、「調布市側と川崎市側で100万円ずつ協賛金を集めよう」という一案のもと、小川さんは個人で30万円の協賛を決心。昨年は中止のため半額返金されたが、今年と合わせて45万円を寄付した。

 「個人での協賛は初めてで、大変ありがたい」と調布市産業振興課の渡辺直樹課長。多摩区では以前から中野島町会や菅町会も協賛しているほか、中野島商店会では昨年からポスター掲示に協力。小川さんの後押しを機に、支援の輪が広がりつつある。花火当日、小川さんは友人らを自宅に招き、70人規模の宴会を開いて観覧するのが長年の習わしだ。

 同市の多摩川周辺で開催され、今年で37回目を迎える調布花火(映画のまち調布花火2019)。この地で1933(昭和8)年に初開催され、82年から調布市花火大会として続いている。当日は午後6時から開会式、打ち上げは1万発で午後6時30分から7時30分。荒天中止。詳細は公式サイト(【URL】https://hanabi.csa.gr.jp)。

多摩区版のローカルニュース最新6

伝統、獅子舞も断念

伝統、獅子舞も断念 文化

保存会「我慢のしどころ」

7月3日号

JA職員が詐欺防止

JA職員が詐欺防止 社会

多摩署から感謝状

7月3日号

区役所で子ども食堂

区役所で子ども食堂 社会

きょうから、多摩SDC

7月3日号

市内初、ヒアリ確認

市内初、ヒアリ確認 社会

東扇島 数百匹を殺処分

7月3日号

多摩LC 結成32年で幕

多摩LC 結成32年で幕 社会

会員減少 止められず

7月3日号

民家園で七夕飾り

民家園で七夕飾り 文化

5日、旧佐々木家前

7月3日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク