多摩区版 掲載号:2019年8月9日号 エリアトップへ

川崎市山岳協会 「登る」魅力 次世代へ 中野島で7回目、体験教室

スポーツ

掲載号:2019年8月9日号

  • LINE
  • hatena
会員の指導でロープクライミングに挑戦する参加者
会員の指導でロープクライミングに挑戦する参加者

 あさって8月11日は制定から4度目の「山の日」。市内では、今年65周年を迎えた「川崎市山岳協会」が山登りの技術向上や市民への普及活動を続けている。先月29日には、中野島で小中学生向けのクライミング体験教室を開催。登山の枠を超え、若い世代に向けて登る楽しさを伝えている。

 川崎スキー山岳協会が分離し、1954年に発足した川崎市山岳協会。現在は9団体、およそ200人が所属する。市民登山やハイキングの企画に加え、東京五輪の正式種目であるクライミングにも目を向け、幅広い世代への普及に努めている。

 川崎市競技スポーツ選手・ジュニア育成事業として開催された先月の教室には、小中学生ら57人が参加。中野島のクライミングジム・パンプ2号店を会場に、16人の協会メンバーが指導にあたった。参加者は身一つで壁を登る「ボルダリング」と、体にロープをつけて高さ10メートル超の壁を登る「ロープクライミング」の2種目に挑戦。コツをつかむと、難なく上部までたどり着いていた。

 同店での開催は7回目で、リピーターも多い。2回目の参加という小学4年生の中山妃奈乃さん(9)は、「上の方は難しかったけど、前よりはできた」と話していた。

 同協会では、若い会員の減少が課題の一つ。矢幡明樹会長は「本来は登山の団体。クライミングが人気だが、自然の山にも興味を持ってもらえたら」と思いを話す。齋藤正理事長は「自然に触れ、親しむことで情緒が養われる。子ども向けに登山や沢登りのイベントも企画してみたい」と今後の展望を語った。

ボルダリングも
ボルダリングも

多摩区版のトップニュース最新6

「よむよんで」一話ずつ

【Web限定記事】

「よむよんで」一話ずつ 教育

多摩区在住・はらさん 児童文学をウェブ公開

5月22日号

待機児童12人、多摩区ゼロ

【Web限定記事】川崎市

待機児童12人、多摩区ゼロ 社会

未就学児減少も申請増加

5月22日号

緑の保全で大臣表彰

多摩区2団体

緑の保全で大臣表彰 社会

三田第2公園と生田緑地内

5月15日号

休校延長、学習に格差

川崎市立校

休校延長、学習に格差 教育

代替案急務も現場頼み

5月15日号

「不安・危険」4割、対策へ

川崎市外国人意識調査

「不安・危険」4割、対策へ 社会

【Web限定記事】国籍や治安で実感、増加

5月8日号

「地元の味、守りたい」

有志・商店会

「地元の味、守りたい」 社会

区内飲食店 応援進む

5月1日号

残暑お見舞い申し上げます

聖マリ医大 公開講座受講生募集

聖マリアンナ医科大学専門医らが身近な病気について分かりやすく解説!

http://www.marianna-u.ac.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 5月19日19:24更新

  • 5月15日7:33更新

  • 5月9日8:03更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月22日号

お問い合わせ

外部リンク