多摩区版 掲載号:2019年9月27日号 エリアトップへ

レスリング16・17歳 世界銅 根本選手 後輩を激励

スポーツ

掲載号:2019年9月27日号

  • LINE
  • hatena
(左から)関戸さん、小川さん、根本さん、福田市長、松山上太郎君、松山桜さん
(左から)関戸さん、小川さん、根本さん、福田市長、松山上太郎君、松山桜さん

 ブルガリア共和国で先月行われたカデット(16・17歳)レスリング世界選手権大会53キロ級で、銅メダルを獲得した登戸在住の根本星来(せいら)選手(17)=日大藤沢高校レスリング部2年=が今月17日、市役所を訪問。根本選手が中学時代まで通っていた専修大学少年少女レスリング教室に所属し、7月の全国大会で上位入賞した4選手とともに、福田紀彦市長に大会結果を報告した。

 根本選手は準々決勝で、同級優勝の中国人選手に残り4秒で逆転負け。敗者復活戦を勝ち抜き、3位決定戦ではロシアに逆転勝ちした。根本選手を指導した同教室の木村元彦代表(38)=人物風土記で紹介=は「当時から寡黙に取り組む姿勢が特徴だった。それが結果につながったのでは」と話した。

 各階級で準優勝の松山上太郎君(南生田小3)と姉の桜さん(同6)、優勝した関戸香梨奈さん(青葉区・小6)と小川舞さん(長沢小6)の後輩4人を前に、根本さんは「レスリングを続けることが大切。つらいこともあるけれど、踏ん張って練習を続けてほしい。楽しむことが一番」とエールを送った。福田市長は「専修大学のレベルの高さはすごい」と話し、根本選手に「(中国戦では)あと数秒で勝負が決まるという経験ができたのは大きい。来年以降も、さらに上を目指して頑張ってほしい」と力強く語った。

 同教室、通称「チームバイソンズ」は専修大学生田キャンパス(東三田)を拠点に、同大レスリング部OBらが子どもたちを指導。競技に加え、楽しく体力向上を目指すレクリエーションのプログラムも行う。
 

専大生田キャンパスのレスリング場で練習する同教室
専大生田キャンパスのレスリング場で練習する同教室

産直販売所「黒豚のいなほ」

世界一の黒豚づくりを目指す鹿児島渡辺バークシャー牧場

http://www.inahop.com

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

長尾小 全児童に布マスク

【Web限定記事】

長尾小 全児童に布マスク 教育

PTA リレーで手作り

5月29日号

給付金 便乗詐欺に用心

【Web限定記事】

給付金 便乗詐欺に用心 社会

県警、動画で呼びかけ

5月29日号

外出自粛で献血減少懸念

【Web限定記事】

外出自粛で献血減少懸念 社会

センターが協力呼びかけ

5月29日号

それぞれの「見守り」

それぞれの「見守り」 社会

登戸事件1年 多摩署で黙とう

5月29日号

来週から分散登校

地元応援券に要望

市商連

地元応援券に要望 経済

各区の声受け、市へ提出

5月29日号

あっとほーむデスク

  • 5月28日18:06更新

  • 5月19日19:24更新

  • 5月15日7:33更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク