多摩区版 掲載号:2019年10月11日号 エリアトップへ

多摩区商連 キャッシュレスに賛否 導入伸びず、「様子見」多数

経済

掲載号:2019年10月11日号

  • LINE
  • hatena
ポイント還元対応のポスター、のぼりを掲げる物販店(登戸)
ポイント還元対応のポスター、のぼりを掲げる物販店(登戸)

 消費税率が10月1日に8%から10%に引き上げられ、クレジットカードやスマートフォンを使ったキャッシュレス決済の特典としてポイント還元制度が始まった。区内15商店会で組織する多摩区商店街連合会(安陪修司会長)も対応を推奨しているが、導入率は1割弱にとどまるという。

 ポイント還元制度は、中小店舗でクレジットカードや電子マネーなどを使って支払うと、5%分のポイントがもらえる仕組み。増税による消費の落ち込みへの対策として国が進めており、経済産業省に事前申請し、登録された店舗が対象になる。

 多摩区商連は8月、キャッシュレス決済「PayPay(ペイペイ)」「楽天ペイ」の取り扱い事業者を招いた説明会を開き、十数人が参加した。同会によると、キャッシュレス対応店は区内加盟店約630店のうち、7月末時点で40店程度。安陪会長は「各商店会や店舗の判断に任せているが、導入率はよくて1割。制度の複雑さに加え、取り扱い業者が複数あり、手続きをためらう小規模店も多い」と現状を話す。

 一方で、集客にキャッシュレスを活用する事例もある。登戸の飲食店は、区画整理事業による今春の移転オープンに伴い、クレジットカード決済やペイペイを新たに導入。「集客アップにつながり、若いお客さんが増えた。キャッシュレス対応店をネットで検索して来店してくれるケースもある」と同店。交通系ICカードを使って支払う年配者も多いという。西生田の物販店は「4月ごろからカードで支払うお客さんが急に増えた。手数料負担が大きいため業種によるが、導入はしておきたいはず」としている。

 川崎商工会議所多摩支所(【電話】044・932・1100)ではキャッシュレス決済セミナーを10月29日に企画。普及と対策に取り組んでいる。

多摩区版のトップニュース最新6

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

生田緑地 区域変更へ

遊園跡地都市計画

生田緑地 区域変更へ 経済

説明会に50人超、意見交換

7月3日号

レジ袋有料化で転機

商店会エコポイント

レジ袋有料化で転機 経済

新たに「SDGs」啓発へ

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立を

熱中症・コロナ 対策両立を 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

枡中・稲中 初の合同開講

川崎市寺子屋

枡中・稲中 初の合同開講 教育

15日に活動再開、一番乗り

6月19日号

向ヶ丘店 9月末閉店

ダイエー

向ヶ丘店 9月末閉店 経済

「再出店」へ調整、計画は未定

6月19日号

きっとスマイルこどもクリニック

多摩区南生田・百合丘高校そば 7月1日(水)開院予定/6月28日(日)内覧会

https://kittosmile.kodomogenki.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 7月3日0:00更新

  • 6月26日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク