多摩区版 掲載号:2020年6月19日号 エリアトップへ

藤子・F・不二雄ミュージアムの館長を昨年12月から務める 宮野 哲也さん 長尾在勤 64歳

掲載号:2020年6月19日号

  • LINE
  • hatena

創造の先、「笑顔」求め

 ○…事務局長として約3年間、160人超のスタッフをまとめる立場を経て、館長に。「今年はドラえもんが50周年。親子3世代での来館が多く、約2割は外国から。さらにたくさんの人にこの場を体験してほしい」と気持ちを新たにする。通勤は小田急線で、相模原市から向ヶ丘遊園へ。「先生が作品を描いたゆかりの地。地元の誇りだと、ホッとできる場だと再認識してもらえたら」

 ○…開館前の2008年ごろ、ディスプレーデザイン会社の一員として同館の設計に加わった。「要望が大きく、覚悟を決めてやった。苦しんだけれど楽しくて」。特に大事にしたのは来館者が最初に目にする玄関口。正面でキャラクターたちが出迎える「笑いの壁」は原寸大の模型を作り、影の出方など細部まで検証した。「細かいところにどれだけ気を使うか。良いところが連続すると心地よい空間になる」。開館までの約2年半、前館長で藤子プロ社長の伊藤善章氏とは長い時間対話。言葉を心に刻んだ。

 ○…岡山県出身。物心ついたころから漫画が大好きだった。「オバQや鉄腕アトムは目をつぶっても描ける」と笑う。美大に進むと、NHKのアルバイトで舞台セット制作を経験。「照明や形、空間によって色の見え方が変わる」と、その面白さに魅せられた。以来、前職では定年まで、文化施設や博覧会など80近い空間づくりに携わった。

 ○…同館のオープンは11年9月。「震災で世の中が停滞した時期。絶対に開けなければと、全員が一丸となった」。開館初日、袋いっぱいのグッズをうれしそうに抱える親子と、周辺に居合わせたお客さん、それを見守るスタッフ、全員の笑顔が目に焼き付く。「設計者の端くれとして、関われてよかった」。その思いを胸に、歩み続ける。

多摩区版の人物風土記最新6

鈴木 忠人さん

多摩区歯科医師会の会長として、地域医療連携に力を注ぐ

鈴木 忠人さん

南生田在住 65歳

10月22日号

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

書家で、元号「令和」発表時に墨書を揮毫(きごう)した

茂住 菁邨(せいそん)さん(本名:茂住 修身)

南生田在住 65歳

10月15日号

三平 雅美さん

区役所通り登栄会商店街振興組合の理事長で、登戸のまち活性化に努める

三平 雅美さん

登戸在住 58歳

10月1日号

星川 光明さん

多摩区暴力団等排除協議会の会長を務めて12年目になる

星川 光明さん

菅北浦在住 61歳

9月24日号

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

西生田在住 47歳

9月17日号

岸 忠宏さん

多摩区医師会の会長に就き、3年目を迎えた

岸 忠宏さん

栗谷在住 62歳

9月10日号

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】10月18日16時~予定/20日:本店リフレッシュオープン予定

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月15日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook