多摩区版 掲載号:2020年10月2日号 エリアトップへ

多摩区小学生有志 市北部でスケボーを 練習場求め、署名運動

スポーツ

掲載号:2020年10月2日号

  • LINE
  • hatena
思いを話す陽希君(左)と弘平君
思いを話す陽希君(左)と弘平君

 川崎市内北部にスケートボードの練習場「スケートパーク」の開設を求め、多摩区内の小学生グループが署名運動を先月始めた。先頭に立つ宿河原小学校5年の岡本陽希君(11)は「近くに練習場所がなくて困っている。1万人分は集めたい」と意気込む。

 東京2020五輪の新競技として注目が集まるスケートボートだが、市内では川崎区大師地区に630平米ほどの練習場が1カ所のみ。市が「若者文化の発信によるまちづくりに向けた環境整備」で新たにつくるパークも、川崎区・ちどり公園を開設予定地とし、交通の便に課題がある。

 署名運動は、1年生からスケートボードに親しむ陽希君をはじめ、宿河原小の10人ほどが中心メンバー。他にも、1人からできる競技としてコロナ禍で始めた仲間も多い。彼らは「場所は多摩川の河川敷くらい。安全にできる設備がない」と、電車やバスで1時間半、新横浜公園のスケボー広場まで通う。「お金がかかる。毎日行けるところに練習場がほしい」と陽希君。同級生の田端弘平君(10)は「周りの人に教えてもらって、いろんな技に挑戦するのが楽しい」と、皆で集まれる場を望む。

 ちどり公園の整備については昨年、市民への意見募集で「各区に日常的に使える施設を」「子どもがアクセスしやすく」といった声のほか、向ヶ丘遊園跡地や生田浄水場用地など、市内北部での開設を望む意見も並んだ。登戸でスケートボード専門店を営む片桐宏樹さんは「身近な場で教え合うことでコミュニケーションにつながる。設計も重要だが、全国の例をみても行政施設に現場の声が反映されていないと感じる」と話す。

 片桐さんら大人の愛好家が今春、川崎市北部スケートボード協会を設立。小学生の活動を後押しする。署名受付はオンライン署名サイト「Change・org」(http://chng.it/h4Lr6pC77x)。最終的には川崎市長に提出する予定だ。

閉店セール 12月31日まで!

金・プラチナ高価買取も2020年12月31日まで!見積り無料

044-833-6891

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

3公園の将来像考える

登戸土地区画整理

3公園の将来像考える 社会

住民ら28人、意見を集約

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 経済

税収大幅減で来年度

10月23日号

あす催し、まちに活気を

多摩区観光協会

あす催し、まちに活気を 社会

「緑地と水辺」 拠点に団結

10月16日号

緑地保全へ運動続く

西生田4丁目

緑地保全へ運動続く 社会

今月、歩く会に20人超

10月16日号

逆風も登戸上昇維持

多摩区基準地価

逆風も登戸上昇維持 経済

遊園駅周辺 商業地で顕著

10月9日号

取材・執筆し新聞創刊

市内青少年グループ

取材・執筆し新聞創刊 教育

「子どものまち」活動PRへ

10月9日号

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月23日0:00更新

  • 10月16日0:00更新

  • 10月9日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク