多摩区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

食から「お寺身近に」 福昌寺・飯沼副住職 レシピ本第2弾

文化

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
福昌寺で同書籍を手にする飯沼さん
福昌寺で同書籍を手にする飯沼さん

 菅北浦・福昌寺の副住職、飯沼康祐さん(38)が先月30日、レシピ本「簡単!お寺ご飯2」を刊行した。3年前の前作に続く第2弾で、精進料理76品を掲載。「この本を通じて、仏教を身近に感じてもらえたら」と思いを込める。

 「『和食以外もあることが意外だった』など、多くの反響があった」という1作目を踏襲し、和洋中のジャンルにとらわれない料理が並ぶ。一つひとつに、精進料理ならではの「精進ポイント」も記載。「カテゴリーを決めつけないで食材と丁寧に向き合うこと。前作よりも削ぎ落とすレシピに努め、素材の味を大切にした」という言葉は、塩で味わうポテトサラダや、余り野菜とだしがらを食べきる「精進みそ」によく表れている。

 元々料理好きで、大正大学在学中に食を通じた布教を決意。卒業後に都内飲食店で修業を積み、調理師免許を取得した。福昌寺を拠点に精進料理会や坐禅と粥の会に取り組むほか、「伝教大師最澄1200年魅力交流」の学生向けプロジェクトにも指導者として携わる。「精進料理は仏教を伝える手段。おいしかったよりも、お寺に来て良かったと思ってもらいたい」

 徳間書店発行、B5判96ページで税込1650円。啓文堂書店稲田堤店ほか書店、アマゾンで購入可。

読者プレゼント

 同書を読者3人に進呈。希望者ははがきに氏名、住所、電話番号、本紙の感想を明記し、〒211-0042中原区下新城3の14の7タウンニュース「お寺ご飯」係へ郵送。メールも可(kawasaki@townnews.jp)。10月20日(火)必着。※発表は同書の発送をもって

「精進みそ」のページ
「精進みそ」のページ

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

痴漢 昨年比で10件増

痴漢 昨年比で10件増 社会

多摩署が注意呼びかけ

7月1日号

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから 実証実験踏まえ

7月1日号

区民祭、10月15日に

区民祭、10月15日に 社会

3年ぶり 出店者を募集

7月1日号

民家園で七夕行事

民家園で七夕行事 文化

3日 短冊に願い事

7月1日号

3クラブが新体制

RC・LC

3クラブが新体制 社会

区内奉仕団体 7月から

7月1日号

せせらぎ館夏休み教室

せせらぎ館夏休み教室 教育

5日申込締切

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook