多摩区版 掲載号:2020年11月13日号 エリアトップへ

小田急電鉄 終電 来春20分繰り上げ 登戸など区内駅も影響

経済

掲載号:2020年11月13日号

  • LINE
  • hatena
小田急線と南武線の乗り換え客が行き交う登戸駅連絡通路
小田急線と南武線の乗り換え客が行き交う登戸駅連絡通路

 小田急電鉄は来春のダイヤ改正で、最終列車の運行を20分程度繰り上げることを決定。登戸と向ヶ丘遊園、生田、読売ランド前の多摩区内4駅では、上下線で発車時刻が10分から20分ほど前倒しされる見通しだ。

 同社では夜間を中心に行う鉄道メンテナンスの担い手不足や、安全対策の工事時間の確保に課題があった。ダイヤ改正は2021年春の予定で、平日と土曜・休日ともに対象。朝の運行についても、午前4時台の始発列車を中心に発車を約10分繰り下げ、最終から始発までの間を約4時間に拡張する。

 背景には、コロナ禍による在宅勤務の浸透や外出機会減少など、電車の利用状況の変化がある。同社が発表した全駅の改札入出場者数(平日平均)によると、夜0時台は今年9月で前年比約47パーセント減。終日でみても約24パーセント減っている。

 同社は「夜間を中心に利用が大きく減っており、乗客の働き方や行動様式が従来に戻ることはない」と予測。ダイヤ改正により、メンテナンス業務の効率化や安全・防災対策工事の工期短縮に取り組む。同時に同社担当部門と協力会社の勤務環境を改善し、将来の担い手確保につなげたいとしている。改正の詳細は12月に発表される予定だ。

JRダイヤも変更

 JR東日本も来春、同様のダイヤ改正を予定。区内で宿河原や登戸、中野島、稲田堤の各駅を通る南武線の最終列車が、上下線で10分から15分程度繰り上げられる。

 登戸駅前で飲食店を営む、神奈川県飲食業生活衛生同業組合多摩支部の盛田文雄支部長は「小田急沿線に住む地元客をはじめ、終電で帰宅する人は結構いるので、少なからず影響はあると思う。お店側としては少しでも終電は遅い方がいい」と話している。

多摩区版のトップニュース最新6

給食献立案が市長賞

菅中3年井熊さん

給食献立案が市長賞 教育

「午後も元気に」思い込め

1月15日号

「SDGs」 掲示から始動

多摩区内5商店会

「SDGs」 掲示から始動 経済

店頭にポスター、意識向上へ

1月15日号

「新様式」 対応へ結束強め

「新様式」 対応へ結束強め 政治

荻原区長 新年に意気込み

1月8日号

新たに区内16件決定

市地域文化財

新たに区内16件決定 文化

第3回 で計44件 市内最多に

1月8日号

多摩区の声、力に

明治大専修大

多摩区の声、力に スポーツ

箱根駅伝へ 応援263通

1月1日号

「利他」の心 好循環へ

「利他」の心 好循環へ 政治

福田市長、2021年を語る

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月15日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク