多摩区版 掲載号:2021年7月2日号 エリアトップへ

登戸在住伊藤さん 電話リレー 啓発に尽力 公的サービスが今月開始

社会

掲載号:2021年7月2日号

  • LINE
  • hatena
同NPO理事長の伊藤さん
同NPO理事長の伊藤さん

 聴覚障害や発話に困難がある人と、健聴者との電話を通訳オペレーターがつなぐ「電話リレーサービス」。総務省が公共インフラとして整備し、7月1日に利用を開始した。横浜市を拠点とするNPO法人インフォメーションギャップバスター理事長の伊藤芳浩さん(登戸在住)は、同サービスの実現に向け啓発活動を続けてきた。

 パソコンやスマートフォンを通じて手話やチャットで会話できる電話リレー。これまで民間サービスはあったが、24時間対応でないために緊急通報ができない等の課題も。今回、日本財団電話リレーサービスが提供機関となり、365日24時間利用できるようになった。

 総務省によると、以前からサービスへの要望はあったというが、議論を加速させる要因の一つとなったのが同NPOによる署名活動。自身も生まれつき聴覚障害のある伊藤さんら有志による団体で、2014年から啓発と署名活動を実施。17年に「24時間365日対応の公的サービス化」を求め、総務省に8096筆の署名を提出した。

 背景には、伊藤さんが電話を掛ける際、友人らに毎回頼まなければならず、人間関係が壊れてしまった体験がある。「公のサービスがあれば」と思いを募らせていたころ、民間企業の代理電話サービスや日本財団のモデル事業が始まり、改めて必要性を実感。署名活動のほか、企業や当事者向けの講演会も開いてきた。「当事者や代理で電話をかけていた家族からの賛同の声や協力も励みになった」と振り返る。

 公的サービス開始に際し、伊藤さんは「電話が誕生してから150年もの年月が経ち、ようやく電話できない不便さや制限が解消される」と喜ぶ。一方、金融機関などの本人確認が難しかったり、サービスが認知されていないことで怪しまれる可能性も。「多少のタイムラグがあるかもしれないが、かかってきても慌てず普通に対応してほしい」と話している。

 サービス利用は要登録。詳細はサイト(【URL】https://nftrs.or.jp/)。
 

「バンバンなら私もいける!」

【新台入替】8月22日「海物語遊パチ」最新作全店舗に導入!

http://www.prime777.co.jp/

川崎市(住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金)

川崎市 住民税非課税世帯などに対する臨時特別給付金(10万円)の申請期限迫る!

https://www.city.kawasaki.jp/350/cmsfiles/contents/0000136/136192/sinseikigen.pdf

8/29多摩市民館セミナー開催

終活ライフケアサロン・旭化成ホームズ高齢者住宅・老人ホーム選び方&建て替え 

https://ansapo.jp/semi/1933

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

初バザーで社会貢献

初バザーで社会貢献 社会

宿河原 売上の一部寄付へ

8月19日号

多摩区社協へ寄付金

長尾の里あじさいまつり

多摩区社協へ寄付金 文化

8月19日号

キッチンカーでにぎわい

中野島地区

キッチンカーでにぎわい 文化

8カ月で延べ40台出店

8月19日号

水ロケット 3年ぶり飛ぶ

発明クラブ

水ロケット 3年ぶり飛ぶ 教育

向の岡工で、100m超え13人

8月19日号

浴衣や甚平入園無料に

浴衣や甚平入園無料に 経済

21日 民家園

8月19日号

申込制で9月開催

子育てまつり

申込制で9月開催 教育

8月19日号

あっとほーむデスク

  • 8月19日0:00更新

  • 8月12日0:00更新

  • 8月5日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年8月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook