多摩区版 掲載号:2021年9月24日号 エリアトップへ

プロレスヒートアップ 困難越え、等々力興行 6試合実現 勇気届ける

スポーツ

掲載号:2021年9月24日号

  • LINE
  • hatena
メインのシングルマッチで藤波選手と熱戦を繰り広げる田村代表(右)
メインのシングルマッチで藤波選手と熱戦を繰り広げる田村代表(右)

 多摩区菅北浦で道場を営むプロレス団体「ヒートアップ」は、川崎市とどろきアリーナ(中原区)で9月17日、3度目の興行大会を実現させた。同団体の社長とレスラーを兼任し、この日デビュー18周年を迎えた田村和宏代表(41)=枡形在住。コロナ禍で規模縮小の中、観戦者に明るい未来を感じてもらおうと準備に奔走し、メイン試合でリングに上がった。

 会場入口では手指消毒や検温、全身への空気噴射による除菌で来場者を迎えた。客席は大幅に減らして400席とし、中継で動画配信。総勢31選手で6試合、リングは試合ごとに消毒した。

 2冠王者の田村代表は最終試合、デビュー50周年を迎えた藤波辰爾選手(67)を挑戦者に迎え、一対一のシングルマッチを果たした。レジェンドをリングに沈めることは叶わなかったが、身長差20センチ以上の大きな相手に接戦を展開。会場ルールに従い、観客からは歓声に代わり拍手が送り続けられた。「完敗だった。(50周年の)藤波さんとは歴史が違い過ぎる。それを埋めないとプロレス界の未来はない」と田村代表。選手として高みを目指す決意を固めた。

障害者 運営担う

 ダウン症の姉がいる田村代表は2013年のヒートアップ設立以来、障害者福祉や青少年育成に注力。今大会では、所属レスラーで先天性難聴の今井礼夢選手(16)がシングルマッチで惜敗するも、昨年のデビューから成長を見せた。

 プロレスを通じた障害者の就労支援として、今回は運営の手伝いに5人を雇用。会場用シート敷設やリング、客席設置をはじめ、開場後は受付対応も担った。従事したのはコーヒー製造等を行う中原区の障害福祉サービス事業所「レジネス」の利用者。同事業所を営むNPO法人レジストの斉藤剛理事長は「コロナで業務が減る中、仕事をいただけるのはありがたい。普段は室内作業が中心なので、外に出て人と対面できるのは、職業訓練の場としても貴重な機会」と感謝を表した。

 観戦面では、多くの障害者に見てもらおうと131施設に無料視聴用の案内チラシを配布。会場では、音を振動に変える装置を導入して聴覚障害者を招待する予定だったが、感染状況を受けて断念した。コロナ下の興行開催について、田村代表は「感染対策はできることを全てやったが、演出や企画でもっとできることはあった。可能性はある」と総括した。

 市内最大級の規模となる聖地・とどろきアリーナで、ヒートアップは16年と18年の2大会で1500人以上を動員。「ヒートアップも大きく成長しており、(自分が)選手と運営を両方やるのは限界に近い。団体として伸びしろはあるので、協力者を探し、体制を立て直して挑戦を続けたい」と展望を語った。
 

受付対応する障害福祉サービス事業所の利用者ら
受付対応する障害福祉サービス事業所の利用者ら

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のトップニュース最新6

男子 県4連覇で全国へ

生田HCボンバーズ

男子 県4連覇で全国へ スポーツ

女子も関東、心一つに

7月1日号

7年目、課題を検証

中野島つながり愛

7年目、課題を検証 社会

協議会 「周知不足」解決へ

7月1日号

団体5連覇で全国へ

向の岡工業相撲部

団体5連覇で全国へ スポーツ

苦境越え、30回目の県優勝

6月24日号

初年度の申請率53.9%

町会応援補助金

初年度の申請率53.9% 社会

市、事例示し利用促進へ

6月24日号

生田G.Gが初の全国へ

シニアソフトボール

生田G.Gが初の全国へ スポーツ

絆深め、結成10年の悲願

6月17日号

ワクチンの今後、討論

多摩病院

ワクチンの今後、討論 社会

市立看護大学長ら シンポ

6月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook