多摩区版 掲載号:2021年12月10日号 エリアトップへ

保護司18年で栄誉 菅北浦 飯沼さんに大臣表彰

社会

掲載号:2021年12月10日号

  • LINE
  • hatena
表彰状を手にする飯沼さん
表彰状を手にする飯沼さん

 更生保護活動に尽力したとして、多摩区保護司会副会長の飯沼祐順さん(74)が法務大臣表彰を受賞した。11月25日に開催された県更生保護関係表彰式(横浜市)で表彰状を手にした。

 法務大臣からの委嘱を受け、犯罪や非行をした人の立ち直りを地域の中で支える保護司。福昌寺の住職を務める飯沼さんは2003年、檀家からの推薦で着任した。事例研修で学びつつ、「いい先輩に恵まれて支えてくれた」と思い返す。

 初めて担当したのは薬物所持で捕まった少年。以後、いじめや万引きなどさまざまな理由で保護観察になった相手と向き合ってきた。「一人ひとり違うから同じ対応ではだめ。表面的なものだけじゃなくて、生まれた環境や社会情勢も踏まえて裏にあるものを見ていかないと」。更生して手を離れ、就職の報告を受けたときの喜びは大きい。

 福島県の寺で生まれ、教員免許を取るために上京。実家は兄が継ぎ、1972年に養子として福昌寺へ。91年から住職を務め、「地域に開かれたお寺」を目指して副住職の息子と行事にも取り組んできた。保護司に限らず、主任児童委員や人権擁護委員を歴任。人権擁護でも昨年、法務大臣表彰を受けている。

 保護司は来年で定年。「結果が目に見えて、自分のためになる。視野が広がる」と魅力を語る。「報道で流れる凶悪な事件も、保護司をやっていると(当事者の)家庭環境が見えてくる」とも。経験を次代に伝える。

「バンバンなら私もいける!」

【本店】1月20日リフレッシュオープン/新台入替/各店 駅近・駐車場完備

http://www.prime777.co.jp/

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

書や絵画、一堂に

多摩区子連

書や絵画、一堂に 教育

きょうから作品展

1月21日号

慈善寄席に人気落語家

慈善寄席に人気落語家 社会

川崎いのちの電話

1月21日号

区役所で防災体験

区役所で防災体験 社会

31日

1月21日号

病と向き合った証、たどる

病と向き合った証、たどる 文化

民家園企画展 戦後の「接種証明書」も

1月21日号

4カ月連続で減少

川崎市人口

4カ月連続で減少 社会

コロナ禍、転出増が一因

1月21日号

新成人は入館無料

カワスイ

新成人は入館無料 文化

県民限定 31日まで

1月21日号

新春セール開催中!

「宝飾品」「腕時計・目覚まし時計」20%OFF!ぜひこの機会をお見逃しなく

044-833-1573

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月21日0:00更新

  • 1月14日0:00更新

  • 1月7日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月21日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook