多摩区版 掲載号:2022年6月24日号 エリアトップへ

地蔵に前掛け10年 堰在住の田中さん

文化

掲載号:2022年6月24日号

  • LINE
  • hatena
自作した前掛けを持つ田中さん
自作した前掛けを持つ田中さん

 宿河原や堰周辺に多くある地蔵の前掛けを製作、約10年にわたって毎年付け替えてきた人がいる。堰在住で仕立屋「テーラータナカ」を営む田中壽雄さん(85)だ。

 田中さんは約12年前に大病を患った。その後、リハビリを兼ねて宿河原や堰周辺を歩くようになった。続けるうちに、地蔵が複数あることに気が付く。地蔵に自身の健康を願う日々。その甲斐もあってか、次第に体の調子は回復していったという。「感謝の気持ちも込め、何かできないものか」と考えた。そこで思い付いたのが、地蔵の前掛け作りだった。

 田中さんは徳島県生まれ。上京後、19歳からオーダーメイドの紳士服作り一筋の人生だ。「自分の培ってきた技術を生かそう」と前掛け製作を決意。布地をハート型に切り抜き、真ん中に「心」と文字を入れた。

毎年12月28日に付け替え

 製作しているのは約60枚。毎年12月28日に歩いて付け替えてきたという。「19歳の時に仕事で成功できるようにと、末広がりの八が付く8月28日から仕事を始めた。だから、縁起のよい年末の『28日』に付け替えるようにしている」とほほ笑む。今年は健康上の理由もあり、歩いて付け替えに行くのは一部だけの予定。前掛けは地域の人に預けて「できることならば、1年に1回付け替えて」と頼んであるそうだ。

 85歳となった今も仕事は現役で続けている。「お地蔵さんのおかげだよ」と田中さん。宿河原に長年住み、親交のある伊東久子さん(73)は「平穏に暮らせているのは、お地蔵さんを大切にしてくれているからかもしれませんね」と感謝の言葉を口にした。

(左から)宿河原1丁目の舟島福地蔵、船島橋近く、川崎市緑化センター正門近く、堰稲荷神社石像
(左から)宿河原1丁目の舟島福地蔵、船島橋近く、川崎市緑化センター正門近く、堰稲荷神社石像

市民後見人になりませんか

8月2日午後2時~川崎市産業振興会館 8月6日午後2時~川崎市総合自治会館

http://www.csw-kawasaki.or.jp/contents/hp0110/index00790000.html

<PR>

多摩区版のローカルニュース最新6

痴漢 昨年比で10件増

痴漢 昨年比で10件増 社会

多摩署が注意呼びかけ

7月1日号

シェアサイクル本格運用

川崎市

シェアサイクル本格運用 社会

きょうから 実証実験踏まえ

7月1日号

区民祭、10月15日に

区民祭、10月15日に 社会

3年ぶり 出店者を募集

7月1日号

民家園で七夕行事

民家園で七夕行事 文化

3日 短冊に願い事

7月1日号

3クラブが新体制

RC・LC

3クラブが新体制 社会

区内奉仕団体 7月から

7月1日号

せせらぎ館夏休み教室

せせらぎ館夏休み教室 教育

5日申込締切

7月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 7月1日0:00更新

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

多摩区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

多摩区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年7月1日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook