神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
多摩区版 公開:2024年3月29日 エリアトップへ

麻生区在住高校2年生 深津音翔さん入賞報告 昨夏の世界的ダンス大会

文化

公開:2024年3月29日

  • X
  • LINE
  • hatena
(右上)UDOのバトルシーン。右が音翔さん(左上)表彰式(右)学生服姿で福田市長と対面
(右上)UDOのバトルシーン。右が音翔さん(左上)表彰式(右)学生服姿で福田市長と対面

 麻生区在住の高校2年生、深津 音翔(とわ)さん(17)が昨年8月にイギリスで開催されたストリートダンスの世界大会「UDO STREET DANCE WORLD CHAMPIONSHIPS」で5位に入賞した。3月13日に福田紀彦市長を表敬訪問し、「独学で練習している」と伝えて市長を驚かせた。

 2002年から続く「UDO」は、34カ国から予選を勝ち抜いた代表が決勝を目指す世界的な大会。音翔さんは今回が初めての世界大会出場だったが、ソロ部門のU18ADVANCE部門に日本代表として出場し、5位入賞を果たした。

 表敬訪問では、市長とあいさつを交わした後、「UDO」の決勝パフォーマンスの動画を紹介。ダンスバトルではDJが選ぶ曲にあわせて即興で踊るが、音翔さんはロボットのような動きの「アニメーション」と呼ばれるダンスで会場を沸かせていた。

 パフォーマンスに感動した市長が「素晴らしい」と称賛すると、落ち着いた口調で「5位は悔しいけれど、世界大会は貴重な体験だった。今後はもっと大きな大会で優勝を目指したい」と抱負を語った。中学以降は自宅のスタジオでほぼ独学で練習していることも打ち明けた。すると市長は「独学で世界に行っちゃうの」と目を丸くして驚いていた。

「楽しく続けたい」

 音翔さんがダンスを始めたのは5歳のころ。当時暮らしていた横須賀市のキッズダンススクールに通い始め、すぐさま「音楽にあわせて体を動かすことが楽しい」と夢中に。同時に習い始めた空手を辞めてダンスに専念した。小学1年になるともっと上達したいと、東京都目黒区のダンススクールのオーディションに応募し、合格。父・岸生さんに付き添われて横須賀から目黒に通い、技術を磨いた。

 このスクールの関連で、ボーカルグループ「GReeeeN」(現GRe4N BOYZ)のツアーダンサーとして全国ツアーや上海でのライブにも出演したが、小学5年生のころスクールは閉鎖。しかしすでに十分なダンススキルを身に着けていた音翔さんは、迷わず「自分でやろう」と思えたという。そんな息子の姿に、岸生さんは多摩区に引っ越すタイミングで小さな練習部屋のある家を建てた。「ダンスで活躍する息子から、親として感動をもらってきた。応援する意味も込めて」と振り返る。

 とはいえダンスだけにのめり込むのではなく、勉強するべき時期には気持ちと生活を切り替え、練習量を抑えている。現在、東京学芸大学付属高校の2年生。春からは「大学受験に向けて、少しずつ切り替えている」と話す。

 将来的にもちろんダンスを続けていくが、「有名になるとか世界で活躍するとか、目指すところはそこじゃない」と打ち明ける。そして「まずはダンスを楽しく続けたい。その上でやりたいことを続けられるように今頑張っている」とも語った。文武両道の世界的ダンサーとして、新たなスタイルを構築していく。

多摩区・麻生区版のトップニュース最新6

バウンドテニスで日本一

多摩区在住高橋敏子さん

バウンドテニスで日本一

初優勝 幅広い戦術が奏功

5月24日

東芝が川崎に本社を集約

東芝が川崎に本社を集約

市長「連携さらに進化」

5月24日

共同参画の意識に変化

すくらむ21

共同参画の意識に変化

アンケート結果を発表

5月17日

「第4期」の5年で半減

川崎市

「第4期」の5年で半減

ホームレスの支援計画

5月17日

女性議員16人が連携

川崎市議会

女性議員16人が連携

課題共有し、政策提案へ

5月10日

「あさおSDC」が始動

「あさおSDC」が始動

8つの機能で課題解決へ

5月10日

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

多摩区・麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

多摩区・麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook