中原区版 掲載号:2017年12月15日号 エリアトップへ

第6回目の公演を来年3月に控える「なかはらミュージカル」の実行委員長を務める 森田 シゲルさん 幸区在住 57歳

掲載号:2017年12月15日号

  • LINE
  • hatena

楽しむ人生貫く仕掛け人

 ○…小学生から大人まで毎年約100人の区民キャストが中原市民館で公演する区民手作りの「なかはらミュージカル」。来年3月の第6回公演に向け実行委員長に抜擢、調整役として奔走中だ。「キャストは延べ500人を超え、関係者を含めライフワークにしている人も多い。その思いをしっかり引き継ぎ、責任感をもって全員が楽しめる場を作っていきたい」。

 ○…2009年に移転した中原市民館の開館記念事業として企画したイベント「なかはらアクトストリート」。音楽、演劇、アートなど様々な表現をする市民団体が交流することで新たな発想を生み地域活性化につなげる―。その思惑通りに誕生したのが「なかはらミュージカル」だった。「大人と子供が同じ舞台で演じられるところが素晴らしい。市民ミュージカルとしては類をみないレベル」。仕事が多忙で十分に関わってこられなかった分、これから還元していくつもりだ。

 ○…幸区出身。姉と2人で会社を経営し、大型商業施設を総合プロデュースする。公私ともに”仕掛ける”原点は中学2年の時。友人と組んだ音楽バンドを披露するため市内の施設を借り、大人も巻き込んだイベントを成功させた。「自分とは違う世界を見ることができ、新たな発見にも繋がった」。高校の同級生と組んだバンド・米米クラブの初期メンバー。「慶大の三田祭では石井竜也とジェームス小野田と3ボーカルで楽しかったね」。メンバーとは今も交流があり、市民館のイベントゲストに招いたことも。

 ○…なかはらミュージカルは今回で事業期間が終了し行政からの支援が無くなるため、資金や練習場の確保などを区民が行っていく必要がある。それでも継続させるべく、新たに法人を立ち上げた。「エンターテイメント性を高め、区外からも注目されるミュージカルにしたい。みなが楽しむことが一番。楽しいと思うから一生懸命になれる」。ずっと変わらぬ信念を貫く。
 

中原区版の人物風土記最新6

新橋 さち子さん

川崎ボッチャクラブの代表を務める

新橋 さち子さん

麻生区在勤 36歳

11月15日号

重田 洋一さん

被災地支援を行った川崎建設業協会副会長で、(株)重田組の代表取締役

重田 洋一さん

上丸子山王町在住 50歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

関 伊都子さん

保護者会「りあん」の代表で、発達障がい応援キャラバンを企画する

関 伊都子さん

高津区在住 56歳

10月25日号

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク