中原区版 掲載号:2018年3月16日号 エリアトップへ

多胎児交流会を行う「双子支援ピーナッツ」の代表を務める 田口 ひろ子さん 上平間在住 69歳

掲載号:2018年3月16日号

  • LINE
  • hatena

親子への支援が生きる糧

 ○…双子や三つ子など、多胎児の子育てをする家族を支える「双子支援ピーナッツ」に2006年の発足から携わり、健診の手伝いをするなど、親子の成長を見守ってきた。双子に限らず子育て支援に長年携わっているが、自然と双子の母親同士が集まってしまうという。「双子を同時に育てるママたちが、遠慮せずに参加できる場所になれたら」との思いで12年間活動を続ける。ピーナッツのほか、子育て支援や高齢者援助、障害児の父母会などにも参加するなど、ボランティア活動に日々奔走する。

 ○…ボランティアに参加するようになったのは、障害者だった息子が25歳で亡くなったことがきっかけ。「何もする気になれなかった」と喪失感にかられていた時、町会主催の子育てサロンへの参加を促された。「障害児ではない子を相手にできるか不安だった」というが、「赤ちゃんは泣いていることが多く話さない。息子と一緒だと思った」と笑い、生きる糧を得られた。

 ○…平間駅前にあった電器店の長女として生まれる。電器店を継ぐため専門学校ではテレビ科に通い、機械の仕組みを学んだ。結婚後、子どもが障害児として生まれたが、商売をしながら子育てに励んだ。息子が通う学校で、保護者が手話ダンスを披露したのは良い思い出。今も時間があれば、手話ダンスを教えに行くこともある。「手話ダンスをしていると、息子が元気だったころを思い出すんです」と優しく微笑む。

 ○…ピーナッツの来年度の日程も決まり、月1回の交流の場と中原市民館やこども文化センターなどでは多胎児子育て交流会を開く。「双子を育てる家族と会うと、こちらが学ぶことも多い。二人同時に母乳を与える工夫とかしてね」と学んだことを共有することに努める。「大きくなった双子ちゃんが来て、子育てを手伝ってくれることもあるの。今年も来てくれたら嬉しいですね」。交流会での出会いを心待ちにする。

中原区版の人物風土記最新6

太田 猛彦さん

2019年度川崎市文化賞を受賞した「かわさき市民アカデミー」の学長

太田 猛彦さん

今井南町在勤 77歳

12月6日号

清水 真理子さん

NPO法人「川崎市民石けんプラント」の理事長を務める

清水 真理子さん

川崎区在勤 57歳

11月29日号

新橋 さち子さん

川崎ボッチャクラブの代表を務める

新橋 さち子さん

麻生区在勤 36歳

11月15日号

重田 洋一さん

被災地支援を行った川崎建設業協会副会長で、(株)重田組の代表取締役

重田 洋一さん

上丸子山王町在住 50歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

関 伊都子さん

保護者会「りあん」の代表で、発達障がい応援キャラバンを企画する

関 伊都子さん

高津区在住 56歳

10月25日号

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月6日号

お問い合わせ

外部リンク