神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2018年9月7日 エリアトップへ

上丸子跨線橋 拡幅工事完了に遅れ 年度末までに新工期公表へ

社会

公開:2018年9月7日

  • X
  • LINE
  • hatena
現在も工事が進む上丸子跨線橋
現在も工事が進む上丸子跨線橋

 今年3月に完成予定を1年延長し2019年度としていた綱島街道の上丸子跨線橋の拡幅工事が、さらに遅れる見通しであることがこのほどわかった。市の建設緑政局は、今年度末までには新たなスケジュールを公表するとしている。

 工期延長の主な要因は、市の担当者によると、工事現場の土壌から想定外の玉砂利が出てきたため、予定していた機械では掘削作業が出来ず、全体的に作業予定が遅れてしまったことだとしている。また、この跨線橋はJR南武線を跨ぎ、付近には東海道新幹線が通っており、地下には貨物線の武蔵野南線も通過している。それぞれの運行の安全確保のため、運行時間外で作業を進める必要がある場合も多く、作業時間が制限されている。夜間作業は騒音にも配慮が必要とされ、工期延長にはさまざまな要因があるという。

 同跨線橋の拡幅工事は計画開始当初、2007年にJR東日本と施行協定を締結し、2011年度完成を目標に進められていた。しかし、JR東海から、計画している工法では東海道新幹線の近接箇所で、運行の安全性に影響を及ぼす恐れがあるとの報告を受け、工法の見直しを行った。これにより、事業期間を2018年度までに変更した経緯がある。

 昨年4月ごろには上り車線の一部が完成し、車線の切り替えを行った。その後、JR東日本との協議に時間を要するため工期を1年間延長した。

 担当者は「制約が多い環境で遅れが出てしまったが、現在の見通しでは不明確な部分は見受けられない。1日でも早い完成を目指し、年度末までに新たなスケジュールを公表したい」と話している。

中原区版のトップニュース最新6

「バスジャック」想定、初訓練

「バスジャック」想定、初訓練

化学剤への初動措置も

5月17日

新日本学園に支援基金

漫画家・迫稔雄さん

新日本学園に支援基金

「子どもの可能性広がる」

5月17日

防災計画、8年ぶり改訂

武蔵小杉駅周辺

防災計画、8年ぶり改訂

滞留・帰宅困難者対策が主

5月10日

「支援の輪」次の段階へ

こども食堂

「支援の輪」次の段階へ

寄付増加、物流に課題

5月10日

女性議員16人が連携

川崎市議会

女性議員16人が連携

課題共有し、政策提案へ

5月3日

「想定超」の4万7000人

川崎市健康アプリ

「想定超」の4万7000人

企業活動、口コミで拡大

5月3日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

  • 5月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月23日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook