中原区版 掲載号:2018年11月16日号 エリアトップへ

市政報告NO.48 市民一人ひとりの防災意識と、災害に備えるための情報を! みらい川崎市議会議員団 松井たかし

掲載号:2018年11月16日号

  • LINE
  • hatena

 2018年11月10日、かわさきスポーツパートナー「川崎フロンターレ」が、2連覇しました。最大「13」まで開いた勝ち点差をあきらめず、1試合1試合、勝つことのみを考え戦ってきたことが、2連覇につながったものと思います。川崎フロンターレに「おめでとう!」という言葉を贈るとともに、市民の皆さんに大いなる感動を与えて頂いたことに、感謝申し上げます。

災害時には有効なツールの活用を

 さて、川崎市では、洪水、土砂災害、津波などのハザードマップや啓発冊子が配布されています。中原区では、これらのさまざまな防災マップを一元化し、啓発情報も含めた「中原区総合防災マップ」を作成・配布する、「総合防災マップの作成・配布事業」を行なっています。

 この事業は、民間事業者と作成・配布に係る協定を締結し、防災に係る各種マップやパンフレット等について、「中原区総合防災マップ」として一冊にまとめ、区内全戸に配布するものです。本来であれば、平成29年度の事業として、年度末までに作成し、区内全戸に配布する予定でした。しかし、この冊子の構成内容の一部である洪水ハザードマップの改定時期が、平成29年度末にずれ込んだことから、その内容を反映させるために、平成29年度での作成・配布を見送りました。

 それで、あらためて平成30年度に作成・配布を行なうよう事業を進めることになりました。9月21日の決算審査特別委員会文教分科会でスケジュールについて質問を行ない、年内に作成し、今年度中に全戸配布するとの答弁でした。

 自然災害はいつ起こるか分かりません。災害から命を守るためには、市民一人ひとりの防災意識と、災害に備えるための情報が必要です。この冊子は、そのための有効なツールとなります。確実に各家庭へ配布するとともに、活用されるために、いろいろな機会を通じて啓発していくよう要望しました。

 最後に、川崎フロンターレの活躍に鑑み、私は川崎市の更なる発展のため、様々な課題をより一層精力的に取組み、解決していくことに尽力してまいります。

松井たかし 

川崎市中原区下小田中2-21-6-202

TEL:044-750-2671

https://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

市政報告

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

川崎市議会議員 松原しげふみ川崎市議会議員 松原しげふみ

6月24日号

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

市政レポートNo.142

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

みらい川崎市議会議員団 副団長 おしもとよしじ

6月24日号

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

「緊急事態に関する国会審議を求める意見書」を国に提出。緊急時における憲法のあり方含め議論を!

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook