中原区版 掲載号:2019年2月22日号 エリアトップへ

川崎市市民ミュージアム 開館30周年 日本文化として漫画史を紡ぐ 3月から、漫画家・竹宮惠子さんで企画展

文化

掲載号:2019年2月22日号

  • LINE
  • hatena

 昨年11月に開館30周年を迎えた「川崎市市民ミュージアム」。今年度は「さいとう・たかを ゴルゴ13」や「ビッグコミック50周年展」など、同館の特徴の一つである「漫画」に関する企画展を精力的に開催してきた。来月2日(土)からは日本で初めて少年愛を漫画で描いたとされる竹宮惠子さんの画業50周年企画展が始まる。同館で漫画部門を担当する学芸員・新美琢真さんに話を聞いた。(聞き手/本紙記者 岡田知子)

※【画業50周年記念展】「竹宮惠子カレイドスコープ」詳細はレアリアへ

──貴館の基本テーマは「都市と人間」ですが、漫画部門はどのような位置づけですか?

 「当館は博物館と美術館の複合文化施設として1988年に誕生しました。川崎に関する歴史的資料や美術作品の収集・展示だけでなく、大衆芸術として映画や写真、ポスターに日本の文化として漫画を加え、近現代の表現を中心に紹介しています。2つの側面から総合的にコレクションされた収蔵品数は、全国最大級の約26万点。中でも漫画においては日本の公立館として初めて収集を行い、現在は6万点の資料が収蔵されています。大衆芸術は捨てられやすいため「残す」ことが重要。当時の連載誌から時代の空気を感じることができるのも魅力の一つです」

──今年度開催した漫画展は全て50周年を記念したものですね。

 「漫画史上、重要な人たちを選んだら全て50周年企画でした。手塚治虫先生を代表とする子供向けの漫画に対し、貸本屋の流れを汲んださいとう・たかを作品など青年向けの劇画が登場して、その両作家が作品を掲載したのが1968年に創刊された『ビッグコミック』。前年に竹宮惠子先生がデビューしており、漫画の表現が多様化し、今の形につながる節目の年だったと考えています」

──学芸員はアートディレクターともいわれます。今後、取り組みたい企画展などはありますか?

 「漫画家がポスターを書いたり、映画監督が写真を撮ったり、大衆芸術は相互に影響しあっています。当館の強みを生かし、映画や美術を組み合わせながら、幅広く漫画の世界を紹介できたら面白いなと。川崎のイメージを逆手にとって、川崎とヤンキー漫画展みたいなのも面白いかもしれませんね。文化を相対的に見ることで漫画というものが別の角度から浮かび上がってくるのではないかと考えています。美術館に足が向かない人にも親しみやすいテーマを選びたいですね」

漫画部門を担当する学芸員の新美琢真さん
漫画部門を担当する学芸員の新美琢真さん
昨年ビッグコミック50周年展で展示された、同誌表紙のイラスト
昨年ビッグコミック50周年展で展示された、同誌表紙のイラスト

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

6月15日から通常授業

市内小中学校

6月15日から通常授業 教育

夏休みは2〜3週間短縮

5月29日号

6月1日から利用再開へ

【Web限定記事】川崎市内の施設

6月1日から利用再開へ 社会

図書館等は段階的に対応

5月29日号

地域で防ぐ振り込め詐欺

不動産を無料で査定

【Web限定記事】不動産2社×タウンニュース

不動産を無料で査定 社会

締切迫る、5月31日まで

5月29日号

コロナ以外の感染症減る

【Web限定記事】

コロナ以外の感染症減る 文化

感染症やA群溶連菌咽頭炎など

5月29日号

待機児童12人、中原区は1人

【Web限定記事】川崎市

待機児童12人、中原区は1人 社会

未就学児減少も申請増加

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク