中原区版 掲載号:2019年3月29日号 エリアトップへ

4月12日の「第1回元住吉ミュージック・フェスティバル」を主催する 塚田 親一さん 木月在住 72歳

掲載号:2019年3月29日号

  • LINE
  • hatena

音楽でつなぐ地域の輪

 ○…ジャズ、ボサノバ、ロック、ポップなど、プロアマ総勢10組29人が出演する音楽イベントを企画した。きっかけは5年前、音楽を通じて地域交流を図ろうと井田に立ち上げた愛好会「音楽好きな友の会」。「元住吉には楽器を抱えている人が多かったから」との見立て通り、レコード鑑賞やライブ演奏を楽しむ仲間の輪が広がった。今回はその集大成であり、新たな出発点。「生演奏の素晴らしさを聴いてほしい」と、観客との距離を近くし音響に頼りすぎないステージ作りに努め、新たな音楽の街をPRする。

 ○…音楽との出会いは高校時代。吹奏楽部に所属しドラムを担当。軍艦マーチなどが一般的な時代に、ビッグバンドを組み謝恩会でジャズの名曲・ムーンライトセレナーデを披露すると担任から称賛を受けた。大学でもビッグバンドのリーダー的存在としてリサイタルにも積極的に参加。「東京六大学と比べると注目度は低かった。だからこそ熱心に売り込んだ」。母校でも新たな風を吹かせた。

 ○…大手の音響機器メーカーに就職すると、そこでも仲間を集めビッグバンドを結成。花見など会社行事では盛り上げ役に。今も自宅地下でドラムやレコード鑑賞を楽しむ。ドライブも趣味で、10代で初めて乗った車は父から譲り受けたクラウン。「後部座席を倒して楽器を載せてね。仲間との全国への演奏旅行は青春の思い出」と懐かしむ。

 ○…イベント開催にあたり、商店街や町会、店舗に協力を求め、40以上の賛同を得た。「本当に有難いですね」と感謝を込める。吹奏楽の強豪校が多い地域だけに、「今後は学生とともに地域を盛り上げられたら。平和館の野外音楽堂でイベントをしたり、ミュージシャンが地元の飲食店を巡り演奏できたら楽しいよね」。夢はまだまだ果てない。

中原区版の人物風土記最新6

佐川 昌広さん

大人向けの「がさがさ探検」を企画し地域の輪を広げる、平間小学校校長の

佐川 昌広さん

世田谷区在住 58歳

9月20日号

蒲山(かばやま) 彰さん

蒲山(かばやま) 彰さん

下小田中在住 59歳

9月13日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

9月6日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月30日号

原 富雄さん

原 富雄さん

上小田中在住 79歳

8月23日号

中山 紳一さん

40の市民スポーツ団体などが加盟する(公財)川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

北谷町在住 58歳

8月16日号

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

横浜市在勤 69歳

8月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年9月20日号

お問い合わせ

外部リンク