中原区版 掲載号:2019年4月5日号 エリアトップへ

4月1日付で中原区長に就任した 永山 実幸(みつゆき)さん 幸区在住 57歳

掲載号:2019年4月5日号

  • LINE
  • hatena

和のある「区政運営」を

 ○…中原区役所への着任は3度目。2015年度には区民サービス部長として、窓口の待ち時間短縮のための「中原区なう」を導入。17年度は副区長を務め、区長とともに市と地域の橋渡し役を担った。「新しい動きと昔ながらの繋がりが中原区の魅力。この人の和は地域包括ケアやコミュニティ形成だけでなく、いずれ起こる地震や風水害への安全安心にも必要」。街を知るからこそ描けるビジョン。区民、職員一丸で地域の実情に沿った区政運営を進める決意だ。

 ○…忘れられないのは、東日本大震災後に市環境局に新設された放射線安心推進室室長の職務。市民の安心安全確保を使命に、依頼があれば現場へ出向き、放射線量の測定や除染作業もした。「誰も経験がないこと。国の基準だけでは市民の不安は払拭できなくて、市独自の数値を定めたりしながら。知識もないから毎晩残業、自らを鼓舞して取り組んでいましたね」

 ○…秘湯で知られる岩手県西和賀郡(現・和田町)で生まれ育ち、親の転勤で7歳のころ川崎へ。当時は「公害のまち」。「外に置いていた洗濯のたらいに粉じんが溜まって。親は新生活に慣れなかったみたい」と振り返る。「電話が無いほど家が貧しく3人兄妹でもあったから」と、昼間はアルバイトで学費を稼ぎ夜間大学に通った。警察官の試験にも受かり進路に迷ったが、「親に心配かけたくなかった」と長男としての気持ちが増した。

 ○…昨年発足した警察、消防の署長と連携し安全安心を“めざし”ていく『MEZASHI』。「新メンバーだね。区民のためなら引き継ぎたいね」と微笑む。常に心に留める言葉は聖徳太子の『和を以て貴しと為す』。「慣れ合いではなくて、相手の意見を尊重しながら協議し知恵を出し合うことが解決へと向かうはずだから」

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

高津区在住 54歳

5月1日号

寺田 幸生さん

JR武蔵小杉駅の駅長を務める

寺田 幸生さん

小杉町在勤 51歳

4月24日号

なかの 真実さん(本名:中野真実)

子ども向けの絵本『いきものづくし ものづくし』の絵描きの一人に抜擢された

なかの 真実さん(本名:中野真実)

木月大町在住 35歳

4月17日号

原 正人さん

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める

原 正人さん

小杉陣屋町在住 63歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク