中原区版 掲載号:2019年5月24日号 エリアトップへ

一般社団法人 川崎中原工場協会の会長に就任した 小林 政男さん (株)興建 代表取締役 70歳

掲載号:2019年5月24日号

  • LINE
  • hatena

「人を大切に」地域に還元

 ○…製造、飲食、サービスなど業種問わず約270社が加盟する大所帯。周囲から推す声もあり舵取り役を引き受けた。働き方改革など時代の変化で経営側に求められるものは大きいが、「変化できる者が生き残る」というダーウィンの言葉を胸に刻む。「良い事はどんどん取り入れたい。入って良かったと思ってもらえる協会にしたい」。若手や女性が活躍する委員会をはじめ更なる活気を促す。

 ○…一度は建築業界に就職するも、労働者にとって過酷な環境を目の当たりにし、「人を大切にする会社を」と20代で脱サラし起業。バブル崩壊、リーマンショックなど幾度か逆風にさらされたが、顧客・取引先・社員とも「三方よし」の精神はブレなかった。今では地域に根差し41年、従業員は60人を超え81歳でも働ける職場に。「適材適所で。創業当時からの職人が今も頑張ってくれているのは嬉しいね」。昨年の40周年には地域貢献にも注力。「多くの方に支えられてきたからね」。人を大切にしてきた行いが、形となって表れている。

 ○…群馬県沼田市生まれ。幼少期は柔道、空手、マラソン、スキーとスポーツ万能。山登りも好み「谷川岳はよく登ったね」。両親から先祖を敬う大切さを教えられてか、趣味は仏像巡り。最近も京都や福島へ。「仏像を拝み眺めていると気持ちが落ち着く。気付いたら1時間経っていたり」と笑う。親子仲や世界平和も「敬う気持ちが大切かな」。

 ○…会員減小の団体が多い中で約270社を維持するも「めざすは300社。情報共有し互いの利益になるような連携、若者の夢も叶えたい」。今年は合同入社式を初開催し好評を得た。「どんなに長く生きてもあと30年。太くても細くても同じなら、目一杯生きたいね」。豊かな経験を惜しみなく還元するつもりだ。

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

高津区在住 54歳

5月1日号

寺田 幸生さん

JR武蔵小杉駅の駅長を務める

寺田 幸生さん

小杉町在勤 51歳

4月24日号

なかの 真実さん(本名:中野真実)

子ども向けの絵本『いきものづくし ものづくし』の絵描きの一人に抜擢された

なかの 真実さん(本名:中野真実)

木月大町在住 35歳

4月17日号

原 正人さん

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める

原 正人さん

小杉陣屋町在住 63歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク