中原区版 掲載号:2019年6月7日号 エリアトップへ

中原区老人クラブ連合会(区老連)の会長に就任した 黒田 守正さん 宮内在住 83歳

掲載号:2019年6月7日号

  • LINE
  • hatena

仲間との時間を生きがいに

 ○…4月末の総会で区老連の新たなリーダーに任命された。グラウンドゴルフやゲートボールなど全国大会の予選会や市老連に所属する各会長との会合に出席するなど早くも多忙な日々だ。「まだ慣れないことばかりで必死ですよ。運営のことは副会長など理事の方たちにおんぶに抱っこですね。支えられています」と感謝の気持ちを表す。

 ○…不動産業とカラオケ店を経営しながら、小学校のPTA会長や自治会長などを務めてきた。地元老人クラブ「宮内わかば会」では、会員が公民館で楽しむカラオケの機械を調整する役目を担い頼られる存在に。面倒見の良さから、「わかば会」の会長を託された。会長として大事にしていることが「会員の意見を尊重すること」だ。「みんなのやりたいことを平等に取り入れ、積極的に参加できるようにしたいからね」

 ○…1936年、宮内の農家に生まれる。周辺は畑ばかりで、鎌で草刈りの手伝いをしたり、等々力緑地にあった池では友人と魚とりを楽しむなど活発な少年だった。趣味の社交ダンスをきっかけに出会った夫人とは、年2回旅行に出かけ、クラブ活動も一緒だ。健康の秘訣はカラオケで歌うこと。「演歌が好きで、10月には応援している歌手のリサイタルに出かけるんだよ」と目を輝かせる。

 ○…「老人という名前からか高齢の方でも入りたがらない方が多く会員が減っている」と課題を挙げる。「会では、夏に盆踊り旅行に出かけたり楽しいことばかり。この楽しさを伝え会員を増やしたい」。今年の盆踊り旅行の行先は京都で、待ちきれない様子。「若ければ、これからって言えるけど年寄りだからね。毎日懸命に活動して、みんなが仲間と過ごす時間を生きがいにしてくれたら」。仲間の支えを胸に、活気溢れるクラブ作りに挑む。

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

佐藤 由加里さん

かわさきこども食堂ネットワークの代表を務める

佐藤 由加里さん

高津区在住 54歳

5月1日号

寺田 幸生さん

JR武蔵小杉駅の駅長を務める

寺田 幸生さん

小杉町在勤 51歳

4月24日号

なかの 真実さん(本名:中野真実)

子ども向けの絵本『いきものづくし ものづくし』の絵描きの一人に抜擢された

なかの 真実さん(本名:中野真実)

木月大町在住 35歳

4月17日号

原 正人さん

国の文化財に登録された門と稲荷社を有し、地元不動産企業で代表を務める

原 正人さん

小杉陣屋町在住 63歳

4月3日号

岡野 敏明さん

川崎市医師会の会長で、ダイヤモンド・プリンセスでの医療チームに参加した

岡野 敏明さん

多摩区在住 60歳

3月27日号

瀧村 治雄さん

川崎市全町内会連合会会長に就任した

瀧村 治雄さん

高津区在住 82歳

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク