中原区版 掲載号:2019年8月2日号 エリアトップへ

理論に基づく認知症ケアを広める活動を行い、今月「エポックなかはら」で講演する 竹内 孝仁さん 都内在住 78歳

掲載号:2019年8月2日号

  • LINE
  • hatena

認知症に「生き方の選択」を

 ○…認知症の症状を改善し、自立した生活を送れるよう導く「自立支援介護」の普及活動を行う。国内外で講座や講演などを行い、介護する家族に症状改善の手助けをしてきた。国際医療福祉大学大学院では教授として介護に取り組む後進の育成に尽力。川崎市介護保険運営協議会の議長も務め、市内の高齢者施策に携わるなど活動は多岐にわたる。「認知症で苦しむ人や、寝たきりになった人をもう一度元気にしてあげる。そこから先、どういう生き方を選択するかはその人の自由。可能性を広げたい」。

 ○…日本医科大学を卒業後、整形外科医の道へ。リハビリを専攻したことから、特別養護老人ホームに関わるように。「現場で寝たきりによる床ずれや手足の固まりに悩む人が多く助けたかった」。リハビリの知識を元に、寝たきりから起き上がり歩けるようになる「離床」や、おむつを外して過ごす「おむつゼロ」を生み出した。認知症の改善に取り組む足掛かりにもなった。やまない探求心について「巳年だからね。ある分野に首を突っ込んだら、分かるまで追求するタイプ」と笑みを見せる。

 ○…多忙な日々のなかでも、ウォーキングやジムは日課。また、学生時代から読書家で、本を読む時間がストレス発散だ。「最近読んでいるのは、芥川龍之介や坂口安吾。高校の授業でも触れる作品だけど、今改めて読むと気づきも多くてね」。

 ○…「小杉周辺は懐かしい。今ではタワーマンションが林立してすっかり変わったね」。15年前、日医大武蔵小杉病院に勤めていた頃を懐かしむ。そんな第2の故郷で今月開催する「認知症あんしん生活実践塾2019」。「全国に先駆けて認知症ケアを実践してきた川崎市での開催。健康都市の全国的なモデルになってほしい」と期待を込める。

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

冨樫 結菜(ゆいな)さん

都内の舞台やテレビドラマなどに幅広く出演する

冨樫 結菜(ゆいな)さん

川崎市在住 24歳

2月28日号

田中 初枝さん

結成10周年を迎える「なかはらパンジー隊」の代表を務める

田中 初枝さん

上丸子山王町在住 72歳

2月21日号

本木 好幸さん

丸子6町会防災連絡会の一員として、精力的に台風被災復興に取り組む

本木 好幸さん

山王町二丁目在住 67歳

2月14日号

小宮 志奈乃さん

選挙制度130周年記念功労者表彰で総務大臣感謝状を受賞した

小宮 志奈乃さん

今井上町在住 74歳

2月7日号

小島 英久さん

平間SDGsフェスでアフリカの出前授業を行った、元川崎市立小学校教員の

小島 英久さん

横浜市在住 33歳

1月31日号

松平 晃さん

阪神・淡路大震災の日に、神戸市でトランペットを20年にわたり演奏する

松平 晃さん

上丸子山王町在住 77歳

1月24日号

中矢 邦彦さん

古希野球で昨秋全国優勝し、今年連覇を目指す「川崎ブルーソックス」代表の

中矢 邦彦さん

高津区在住 78歳

1月17日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月28日号

お問い合わせ

外部リンク