中原区版 掲載号:2019年8月2日号 エリアトップへ

理論に基づく認知症ケアを広める活動を行い、今月「エポックなかはら」で講演する 竹内 孝仁さん 都内在住 78歳

掲載号:2019年8月2日号

  • LINE
  • hatena

認知症に「生き方の選択」を

 ○…認知症の症状を改善し、自立した生活を送れるよう導く「自立支援介護」の普及活動を行う。国内外で講座や講演などを行い、介護する家族に症状改善の手助けをしてきた。国際医療福祉大学大学院では教授として介護に取り組む後進の育成に尽力。川崎市介護保険運営協議会の議長も務め、市内の高齢者施策に携わるなど活動は多岐にわたる。「認知症で苦しむ人や、寝たきりになった人をもう一度元気にしてあげる。そこから先、どういう生き方を選択するかはその人の自由。可能性を広げたい」。

 ○…日本医科大学を卒業後、整形外科医の道へ。リハビリを専攻したことから、特別養護老人ホームに関わるように。「現場で寝たきりによる床ずれや手足の固まりに悩む人が多く助けたかった」。リハビリの知識を元に、寝たきりから起き上がり歩けるようになる「離床」や、おむつを外して過ごす「おむつゼロ」を生み出した。認知症の改善に取り組む足掛かりにもなった。やまない探求心について「巳年だからね。ある分野に首を突っ込んだら、分かるまで追求するタイプ」と笑みを見せる。

 ○…多忙な日々のなかでも、ウォーキングやジムは日課。また、学生時代から読書家で、本を読む時間がストレス発散だ。「最近読んでいるのは、芥川龍之介や坂口安吾。高校の授業でも触れる作品だけど、今改めて読むと気づきも多くてね」。

 ○…「小杉周辺は懐かしい。今ではタワーマンションが林立してすっかり変わったね」。15年前、日医大武蔵小杉病院に勤めていた頃を懐かしむ。そんな第2の故郷で今月開催する「認知症あんしん生活実践塾2019」。「全国に先駆けて認知症ケアを実践してきた川崎市での開催。健康都市の全国的なモデルになってほしい」と期待を込める。

中原区版の人物風土記最新6

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

佐川 昌広さん

大人向けの「がさがさ探検」を企画し地域の輪を広げる、平間小学校校長の

佐川 昌広さん

世田谷区在住 58歳

9月20日号

蒲山(かばやま) 彰さん

蒲山(かばやま) 彰さん

下小田中在住 59歳

9月13日号

小林 昇さん

川崎市遊技場組合の組合長に就任した

小林 昇さん

(有)三島商事 代表取締役社長 55歳

9月6日号

轟(とどろき) 淳次さん

国際ロータリー第2590地区(川崎・横浜)のガバナーに就任した

轟(とどろき) 淳次さん

三和矢崎サービス(株)代表取締役会長 76歳

8月30日号

残暑お見舞い申し上げます

トレッサ横浜 夏イベント!

8/10(土)横山剣(クレイジーケンバンド)ニューアルバム発売記念イベント他

https://www.tressa-yokohama.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区民祭、20日に

区民祭、20日に

41回目、等々力緑地で

10月20日~10月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク