中原区版 掲載号:2019年9月20日号 エリアトップへ

母屋と歩む歴史を後世に 旧原家の表門、ギャラリーも一般開放

文化

掲載号:2019年9月20日号

  • LINE
  • hatena
自ら手掛ける「空間」を案内する原さん
自ら手掛ける「空間」を案内する原さん

 小杉陣屋町の中原街道沿いに、明治時代の面影を今に残す旧原家住宅の表門。1911年(明治44年)の建造物で、表門の中には稲荷社も現存している。いずれも今年7月、国から有形文化財(建造物)への登録の答申を受け、登録されれば川崎市内で4件目となる。

 その表門の奥には、洗練されたデザインマンションが佇み、時代が調和した景観を生み出している。「歴史を継承した街づくりを」――。そんな理念で地域を活性化させようと取り組んでいるのが原家12代目で、(株)原マネージメント代表の原正人さん(62)。その試みの一つが、マンションの外壁に設けたギャラリーだ。地域住民らに中原街道や多摩川の歴史などを学んでもらおうと一般開放。さらに今年発見したという1931年(昭和6年)当時の小杉の古地図を展示し、現在との位置関係などを伝えている。原さんは「かつて小杉の中心は小杉十字路交差点付近で、ロンドン・パリと称されていた。今の武蔵小杉駅周辺は田畑が広がっていて、駅はなかった。そんな歴史を知らない方も多いのでは」と話す。

再び人が集う場所へ―

 母屋を解体したのは1988年(昭和63年)。その後、日本民家園(多摩区)に移築、家具や資料も収蔵されている。正人さんの父・正巳さんら代々県議会議員を務めるなど大地主であったため、「多くの人が集う家だった」という原家。それを再現するかのように、9月15日の小杉神社例大祭では神酒所として賑わいをみせた。新住民や外国人も訪れている小杉周辺。「この地の正しい歴史や文化、人の営みを次世代に引き継いでいきたい」

中原区版のローカルニュース最新6

吉田兄弟が20周年公演

吉田兄弟が20周年公演 文化

県立音楽堂で12月6日

11月27日号

公演券3千枚を寄贈

公演券3千枚を寄贈 社会

木下サーカス、福祉施設へ

11月27日号

居酒屋利用「ない」6割

市民アンケート

居酒屋利用「ない」6割 社会

6月以降も自粛傾向

11月27日号

タイムカプセル「無事発見」

タイムカプセル「無事発見」 教育

20年前の思い出、今に

11月27日号

太田総合病院に支援金

商議所女性会

太田総合病院に支援金 経済

11月27日号

校庭に「すみさく」の壁画

校庭に「すみさく」の壁画 教育

6年生、歴史の紡ぎ手に

11月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク