中原区版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

平間駅 「開かずの踏切」 8分短縮へ JR、来年度末に新システム

社会

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
改善を見込む平間駅前踏切
改善を見込む平間駅前踏切

 自転車や歩行者が滞留し問題となっている平間駅前の「開かずの踏切」の遮断時間が、2020年度末をめどに短縮される。JR東日本が新たに制御システムを導入し、1時間あたり8分程度の改善を見込む。住民からは踏切周辺の環境改善を望む声が聞かれる。

 JRが「賢い踏切」と呼ぶ新たなシステムは、駅を通過する列車と停車する列車を判別し、停車する列車の減速に合わせて踏切の警報開始点を遅らせるもの。両列車とも同時点で検知し警報開始が同一である現状と比べ、立川方面の下り列車1本につき27秒、1時間あたりでは8分程度短縮できるという。システムの運用に伴い、平間駅では下り列車の停車位置を川崎方面に10メートル移動させる調整も行う。

 現在この踏切は、通勤ピーク時の午前8時台で1時間あたり48分間遮断する「開かずの踏切」となっており、遮断機をくぐる危険な横断などが問題視されてきた。線路を高架化させる立体交差事業は約20年かかることから、川崎市はJRと緊急対策を協議していた。

 JRの広報担当は「新システムで模擬実験を行った結果、滞留改善へ一定の効果が見込めると判断している。導入後も検証し今後にいかしていきたい」と話す。地元に住む男性は「通勤時間帯の数分は、歩行者や自転車にとって効果は大きいと思う」と期待する。

多摩川の治水対策が決定!

川本学県議、松原成文市議、原典之市議、末永直市議、吉沢直美市議

http://www.jiminkawasaki.jp/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

パートナー制、7月導入へ

パートナー制、7月導入へ 社会

答申受け市長が明示

4月3日号

入学式 来週実施へ

市立学校

入学式 来週実施へ 社会

授業再開は検討続く

4月3日号

新制度に相談急増

川崎市中小融資

新制度に相談急増 社会

コロナ窓口、半月で875件

3月27日号

住宅地の上昇率、県3位

地価公示中原区

住宅地の上昇率、県3位 社会

台風被災地は伸び鈍化

3月27日号

国文化財に正式登録

二ヶ領用水

国文化財に正式登録 文化

川崎市 案内板新設へ補助金申請

3月20日号

レジェンド 最後の騎乗

川崎競馬場森下騎手

レジェンド 最後の騎乗 スポーツ

観客不在も笑顔みせ

3月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク