中原区版 掲載号:2020年2月7日号 エリアトップへ

平間駅 「開かずの踏切」 8分短縮へ JR、来年度末に新システム

社会

掲載号:2020年2月7日号

  • LINE
  • hatena
改善を見込む平間駅前踏切
改善を見込む平間駅前踏切

 自転車や歩行者が滞留し問題となっている平間駅前の「開かずの踏切」の遮断時間が、2020年度末をめどに短縮される。JR東日本が新たに制御システムを導入し、1時間あたり8分程度の改善を見込む。住民からは踏切周辺の環境改善を望む声が聞かれる。

 JRが「賢い踏切」と呼ぶ新たなシステムは、駅を通過する列車と停車する列車を判別し、停車する列車の減速に合わせて踏切の警報開始点を遅らせるもの。両列車とも同時点で検知し警報開始が同一である現状と比べ、立川方面の下り列車1本につき27秒、1時間あたりでは8分程度短縮できるという。システムの運用に伴い、平間駅では下り列車の停車位置を川崎方面に10メートル移動させる調整も行う。

 現在この踏切は、通勤ピーク時の午前8時台で1時間あたり48分間遮断する「開かずの踏切」となっており、遮断機をくぐる危険な横断などが問題視されてきた。線路を高架化させる立体交差事業は約20年かかることから、川崎市はJRと緊急対策を協議していた。

 JRの広報担当は「新システムで模擬実験を行った結果、滞留改善へ一定の効果が見込めると判断している。導入後も検証し今後にいかしていきたい」と話す。地元に住む男性は「通勤時間帯の数分は、歩行者や自転車にとって効果は大きいと思う」と期待する。

中原区版のトップニュース最新6

伝えたい「31字の魅力」

中原短歌会

伝えたい「31字の魅力」 文化

会員10人、高齢化課題に

9月25日号

施行3カ月 効力に課題

川崎市反差別条例

施行3カ月 効力に課題 社会

続く街宣活動、ネット中傷

9月25日号

「丸子花火」 試し打ち

「丸子花火」 試し打ち 文化

10月10日 継続を検証へ

9月18日号

バスケで挑め「SDGs」

Bリーグ川崎BT

バスケで挑め「SDGs」 スポーツ

市と協定 健康など3本柱

9月18日号

等々力球場 10月「開幕」

等々力球場 10月「開幕」 スポーツ

ハマスタ以上、県内最大

9月11日号

標識設置 3割どまり

防災農地

標識設置 3割どまり 社会

市、年間30カ所増で周知へ

9月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

一日限定アート鑑賞

10月10月 交流センターで

一日限定アート鑑賞

10月10日~10月10日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年9月25日号

お問い合わせ

外部リンク