中原区版 掲載号:2020年4月3日号 エリアトップへ

横須賀線 ホーム2面化へ着工 完成は2022年度末頃

社会

掲載号:2020年4月3日号

  • LINE
  • hatena

 JR東日本横浜支社は3月26日、横須賀線武蔵小杉駅の下りホームの新設工事を、4月から着工すると発表した。利用開始は2022年度末頃を予定している。

 新設される下りホームの長さは311メートルで、15両編成に対応。幅員は基本約5メートルで、エレベーター1基、エスカレーター2基、階段を2カ所設ける。上り下りが発着している現ホームを上り専用とし、その下り線側には柵を設け安全を確保する。

 JR武蔵小杉駅の1日あたりの乗降者数は2018年度で26万1千人を超え、混雑の激しさが増していた。その対策として同社は、入場専用の改札やエスカレーター、ホームの一部拡幅や転落防止センサーなどを設置してきた。「ホームの2面化は抜本的な対策となる」としている。

中原区版のローカルニュース最新6

6月15日から通常授業

市内小中学校

6月15日から通常授業 教育

夏休みは2〜3週間短縮

5月29日号

6月1日から利用再開へ

【Web限定記事】川崎市内の施設

6月1日から利用再開へ 社会

図書館等は段階的に対応

5月29日号

地域で防ぐ振り込め詐欺

不動産を無料で査定

【Web限定記事】不動産2社×タウンニュース

不動産を無料で査定 社会

締切迫る、5月31日まで

5月29日号

コロナ以外の感染症減る

【Web限定記事】

コロナ以外の感染症減る 文化

感染症やA群溶連菌咽頭炎など

5月29日号

待機児童12人、中原区は1人

【Web限定記事】川崎市

待機児童12人、中原区は1人 社会

未就学児減少も申請増加

5月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月29日0:00更新

  • 5月22日0:00更新

  • 8月30日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年5月29日号

お問い合わせ

外部リンク