中原区版 掲載号:2020年6月12日号 エリアトップへ

(一財)中原交通安全協会の会長に5月15日付けで就任した 伊藤 稔さん 井田中ノ町在住 76歳

掲載号:2020年6月12日号

  • LINE
  • hatena

「誇れる郷土」末永く

 ○…中原で生まれ育ち76年。田園風景が広がっていた街が都市化していく様子を見てきた。感じるのは、自転車利用者の増加に専用道路の整備が追い付いていないことや、免許返納後の移動手段が不十分なことへの危機感。交通安全協会の会長に就任した今、課題解決への思いを一層強くする。「皆が『安心安全な街』と誇れる日を目指して」

 ○…井田中学校の1期生。「住吉中から引越しのとき、2キロ弱の距離を勉強机と椅子を抱えて必死に歩いたよ」と苦笑い。早くに父親を亡くしたため20代の頃から家長として地域の会合に出席し、先輩らと交流するように。街を良くするために何をすべきか考える機会が増え、「大好きな郷土を守らなければ」という使命感が芽生えた。定年後は、地域貢献のため同協会やロータリーの会員として活動を始めた。「街を知れば知るほど課題が見えてきて休む暇などない」と、変わらない責任感をのぞかせる。

 ○…幼い頃の遊び場は自宅前の田んぼ。四季とともに過ごし、正月は凧揚げ、夏は虫取りに興じた。街の発展に伴い自然が減った今、季節は自宅の庭で感じている。独学で園芸を学び30年、植栽も剪定も自ら行う。「手入れをすると心が清められる気がしてね。風呂上がりに庭を散歩する時間が至福だよ」と柔和な笑顔を見せる。

 ○…今年、金婚式を迎えた妻と二人三脚で歩む。「街活動に積極的で頭が下がる。刺激をもらっているよ」と伴侶に敬意を示す。会長として早急に取り組みたいのは、高齢者へのアシスト自転車の指導と公共交通機関充実化の推進。日々頭に浮かぶのは街のことばかり。「中原をより良い状態で後世につなげたいから」。郷土への愛着に突き動かされている。
 

中原区版の人物風土記最新6

種村 求(もとむ)さん

神奈川県弁護士会川崎支部の支部長を務める

種村 求(もとむ)さん

市内在勤 45歳

9月24日号

田邉  靜江さん

中原区民生委員児童委員協議会の会長として、コロナ禍でも活動を続ける

田邉 靜江さん

新城中町在住 74歳

9月3日号

潮田 智信さん

県野球協会の会長として、区内から野球の普及に努める

潮田 智信さん

木月在住 68歳

8月27日号

光武(みつたけ) 勉さん

区内を拠点に、ハンドボールの普及に努める

光武(みつたけ) 勉さん

上小田中在勤 41歳

8月20日号

青柳 嘉隆さん

陣屋二丁目のドッジボールチームの監督として中子連の大会で5連覇させた

青柳 嘉隆さん

井田在住 63歳

8月13日号

西 智弘さん

市立井田病院の医師で、コミュニティカフェでコロナワクチン相談会を行う

西 智弘さん

井田在住 41歳

8月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook