中原区版 掲載号:2020年10月9日号 エリアトップへ

川崎フロンターレ 名物仕掛人、天野さん復帰 「川崎市、地域を元気にしたい」

スポーツ

掲載号:2020年10月9日号

  • LINE
  • hatena
新たな挑戦に意気込む天野さん
新たな挑戦に意気込む天野さん

 サッカーJ1・川崎フロンターレプロモーション部部長として数々のイベントを仕掛け、地域に愛されるクラブへと押し上げた天野春果さん(49)が3年半ぶりに復帰した。出社初日となった10月1日、「久々にエンブレム入りのシャツに袖を通して高揚感がありますね」と意気込みをみせ、朝食にはかつて自身が仕掛けた「かわさき応援バナナ」を口にしてきたという天野さん。コロナ禍の川崎を元気にするためにやりたいことがあったと、復帰した思いをのぞかせた。

 クラブを離れていた間、サポーター目線で、スタジアムの雰囲気や空気感、地域との距離感などを客観的に見ることができたのは収穫だったという。クラブの良さを再確認できた一方で、課題も見えてきたと話す。

 今季は圧倒的な強さで首位を独走する川崎フロンターレ。「見ていて面白いサッカーをしている。オニさん(鬼木監督)は凄いなというのが率直な感想」。コロナ禍により戦績だけが目立っている点には危機感をもち、「クラブの温かさや面白さを、この環境下でも伝えていくことが大切」と気を引き締める。来季の構想に向けた準備にもとりかかる。「詳しいことはまだ言えないけれど、お楽しみに」と笑みを浮かべた。

東京2020大会「10割の力で」

 クラブに復帰するまでの3年半、天野さんは東京2020組織委員会職員として2020大会を盛り上げる企画に取り組んできた。その中の一つが、大会史上初となる五輪応援衛星の開発だ。衛星に搭載したガンダムが宇宙から大会を盛り上げるメッセージを送る「ガンダム五輪応援衛星」は、各方面から注目を集めている。こうした企画を最後までやりきろうと、来年の大会終了までは非常勤職員として組織委員会にも籍を置く。天野さんは「フロンターレも東京2020も10割の力で役割を果たす」と力を込めた。

中原区版のローカルニュース最新6

水の循環「意識して」

等々力水処理センター

水の循環「意識して」 教育

児童の作品約530点

10月22日号

市民の健康願い寄付金

市民の健康願い寄付金 社会

明治安田生命が市に171万円

10月22日号

『川崎の町名』改訂へ

『川崎の町名』改訂へ 社会

24年の刊行目指す

10月22日号

「こどものまち」を撮影

ミニカワサキ

「こどものまち」を撮影 教育

11月上旬に公開予定

10月22日号

住宅地が回復傾向に

中原区基準地価

住宅地が回復傾向に 経済

9地点中8地点で上昇

10月22日号

「川崎ゆかり」集結

なかはら寄席

「川崎ゆかり」集結 文化

11月5日、桂米多朗さん企画

10月22日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook