中原区版 掲載号:2020年12月25日号 エリアトップへ

じもと応援券利用約6割 飲食店利用が4分の1

経済

掲載号:2020年12月25日号

  • LINE
  • hatena
登録店舗はドラえもんが目印
登録店舗はドラえもんが目印

 川崎市が地域経済活性化を目的に発行したプレミアム商品券「川崎じもと応援券」が12月13日までに約64億3千万円分使われ、利用率が約6割に達した。

 7月から販売された同券は2次販売までは売れ行きが悪く、9月までの3カ月間の利用額は約12億1800万円だった。一方、3次販売が行われた10月から12月(13日まで)の3カ月で約52億1千万円利用された。

 最も利用が多い業種は飲食店で約16億4千万円で全体の4分の1を占める。次いで飲食料品店が約7億2600万円(11・3%)、スーパーが6億1200万円(9・5%)と続く。

 書籍文具小売店(登録店舗数22件)での約1億1300万円、自転車販売(登録店舗53件)での2億3500万円などの利用状況からは、「巣ごもり」での読書や、公共交通機関を避けた自転車利用の増加など、コロナ下での生活様式の変化もうかがえる。

 じもと応援券が使われている状況を区別で見ると、中原区が最も多く約15億円(登録店舗数1186件)、次に川崎区が約12億2千万円(同1122件)、宮前区が約8億9千万円(同516件)、高津区が約8億8千万円(同754件)、多摩区が約7億3400万円(同752件)、幸区が約6億1千万円(同558件)、麻生区が約4億1500万円(同409件)と続く。

 市の担当者は「現時点での6割の使用は、出だしの使われ方からみると順調だと思う。使用期限は3月末までなので、使い残しのないようにしていただければと思います」とコメントした。

無料で資格!川崎で介護スタート

無料で資格を取得して川崎市内で介護スタッフとして働きませんか?

http://kawasaki-kaigo.com/

<PR>

中原区版のローカルニュース最新6

市内初の女性署長に

元中原消防署 副署長 熊谷さん

市内初の女性署長に 社会

5月7日号

貫いた「木彫師の命」

まちの「はてな」に迫る【4】

貫いた「木彫師の命」 文化

市ノ坪・後藤正房(1834-1916)

5月7日号

旧総合自治会館で訓練

中原消防団

旧総合自治会館で訓練 社会

約1年ぶり 新人中心に

5月7日号

戸張一座、成果を配信

戸張一座、成果を配信 スポーツ

詩吟など披露

5月7日号

多摩川で8編の物語

市内出身中川監督

多摩川で8編の物語 文化

配信ドラマ、武蔵小杉も登場

5月7日号

撤回へ県民の力を

日本学術会議任命拒否

撤回へ県民の力を 社会

学者ら、川崎市役所で声明

5月7日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter