中原区版 掲載号:2021年1月29日号 エリアトップへ

武蔵小杉駅前に昨年移転した川崎市総合自治会館の館長を務める 野村 正人さん 多摩区在住 62歳

掲載号:2021年1月29日号

  • LINE
  • hatena

郷土を愛し、つながり育む

 ○…ホールや多目的室、大小会議室などの設備を整え、市民活動を支える施設として昨年8月に武蔵小杉駅前へ移転。アクセスも向上し、従来より若い世代の利用も増えた。楽器演奏もでき、ビジネス目的としても使え、飲食も可―。周知され始めた矢先、緊急事態宣言で利用者数は縮小傾向に。「感染対策を徹底し予約受付しているものの、利用を積極的に呼びかけられずもどかしい」と複雑な胸中を語る。

 ○…1981年に市役所に入庁し、初めて配属されたのが中原区役所市民課。記憶に残るのは、当時外国人登録の際に義務付けられていた指紋押捺。「人種差別のような押捺を拒否する動きが広まって。でも伊藤三郎市長がその行為を不告発に。今も川崎市はヘイトスピーチなどに対する条例を制定し、人権を大切にしてきた都市」と変わらぬ姿勢に誇りを感じている。様変わりしたのは街の風景。「小杉はのどかな田園地帯だった。そこにレンガ造りの立派な旧会館が完成して。まさか今、その館長をしているとは不思議ですよ」

 ○…趣味の旅行ができない今は、自宅がある生田(多摩区)周辺をまち歩き。「お気に入りは生田浄水場跡。階段を上ると秩父の先まで眺められ最高」。多摩川梨は直売所で毎年購入し、福島県の娘家族にも贈る。「向こうは梨の産地だけど、川崎だって旨いんだぞって。対抗意識でね」と苦笑い。川崎の自然や都市農業もこよなく愛す。

 ○…大切にしているのは人のつながり。「人との触れ合いは不要不急ではなく、むしろ生きがいだと思う。早く安心して集える場を市民に提供できたら」。事態が収束したら、駅前という利便性を生かした自主事業の構想を描く。「コロナで学んだこともある」。市民のために、前向きに。

中原区版の人物風土記最新6

川島 邦博さん

協同組合武蔵小杉商店街の理事長に就任した

川島 邦博さん

市ノ坪在住 71歳

4月16日号

石川 雄大さん

アイスホッケーチーム「東京アイスバーンズ」の主将で、北京冬季パラ五輪への出場をめざす

石川 雄大さん

多摩区在住 23歳

4月9日号

川連 昌久さん

3月末に解散した「自転車と共生するまちづくり委員会」の代表を務めた

川連 昌久さん

新丸子東在住 83歳

4月2日号

パースポング マールットさん

タイ出身で、外国人市民として機能別消防団員になった

パースポング マールットさん

上小田中在住 28歳

3月26日号

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

60年代のグループサウンズ人気を牽引した「ザ・ワイルドワンズ」のドラムスを務める

植田 芳暁さん(本名:大串安広)

区内在住 73歳

3月19日号

織戸 一郎さん

5台目の移動採血バスを先月、県赤十字に寄贈した(株)織戸組の代表を務める

織戸 一郎さん

田尻町在勤 66歳

3月12日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter