中原区版 掲載号:2021年3月12日号 エリアトップへ

日赤に献血バス寄贈 織戸組、半世紀で5台

社会

掲載号:2021年3月12日号

  • LINE
  • hatena
寄贈したバスと織戸社長(左から4人目)ら
寄贈したバスと織戸社長(左から4人目)ら

 (株)織戸組(織戸一郎社長=人物風土記で紹介)は先月22日、神奈川県赤十字血液センターに移動採血バスを寄贈した。同社がバスを寄贈するのは1970年に始まり今回で5度目。

 同社は田尻町に本社を構え、砕石業などを手掛ける。「交通事故でけがをした人などの助けになりたい」との思いから創業者が献血推進活動を始め、バス寄贈のほか1億円を超える寄付も行ってきた。今回、同社が15年前に寄贈した4台目のバスが走行距離16万キロメートルを超えたため、新たな寄贈に至った。

 贈呈式で織戸社長は「創業者が始めた社会貢献を今も続けられていてうれしい。今後も協力したい」と話した。また、同センターの藤崎清道所長は「長年のご協力に心から感謝。新型コロナの影響で安定した採血が難しいなか、医療を支えてくれている」と述べた。

 贈呈式の後、同社敷地内で集団献血を実施。地域住民ら115人が協力した。

同社で行われた贈呈式
同社で行われた贈呈式

中原区版のローカルニュース最新6

「目の検診、充実を」

市眼科医会

「目の検診、充実を」 社会

副市長に要望

6月11日号

3人体制で新たな一歩

3人体制で新たな一歩 文化

川崎純情小町☆

6月11日号

警察署窓口、4時までに

警察署窓口、4時までに 社会

オンライン化に向け試行

6月11日号

所属委員会決まる

神奈川県議会

所属委員会決まる 政治

6月11日号

川崎、ファンと結束強め

バスケB1

川崎、ファンと結束強め スポーツ

感謝祭に1400人超

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter