中原区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

バスケ天皇杯 川崎BT、「プロ」で初栄冠 フロンターレに続き 日本一

スポーツ

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena
喜ぶ篠山選手(中央)ら (C)JBA
喜ぶ篠山選手(中央)ら (C)JBA

 バスケットボールの天皇杯全日本選手権で優勝した、Bリーグ1部(B1)の川崎ブレイブサンダース。2016年の新リーグ発足に伴うプロ化後、初のタイトル獲得を達成した。川崎市を拠点にするプロスポーツチームとして、サッカーの第100回天皇杯を元日に制した川崎フロンターレに続く快挙だ。

 バスケ日本一を決める第96回天皇杯の決勝は3月13日、さいたまスーパーアリーナで開催。宇都宮ブレックスとのB1対決で76―60と競り勝ち、川崎が前回準優勝の雪辱を果たした。

 創立70年を昨季迎えた名門クラブとして、7年ぶり4度目の頂点。佐藤賢次ヘッドコーチ(41)は「大変な社会状況の中、たくさんのお客様を前に試合ができていることに感謝」とコメント。主将で司令塔の篠山竜青選手(32)は「宇都宮さんは目指すべきプロクラブなので、これからも一緒にリーグ戦を盛り上げていけるよう切磋琢磨できれば」と語り、Bリーグ初制覇に向け士気を高めた。

 優勝当日、川崎フロンターレの鬼木達監督はリーグ戦の試合後、「同じ地域で勇気づけられる、注目を浴びることは素晴らしいこと。自分たちもあやかって勝ち進んで、最後に良い報告ができるよう頑張りたい」と感想を話した。

 ユニホームスポンサーとして、胸正面にロゴを掲出する(株)ミツトヨ(高津区)は「暗いニュースが続く中、熱く戦う選手をみて、たくさんの感動と勇気をもらった。これからも川崎を盛り上げるパートナーとして、川崎ブレイブサンダースを全力で応援する」とのメッセージを寄せた。福田紀彦市長は「この勢いのまま地区優勝、チャンピオンシップを優勝し、153万人市民の皆さんと再び喜びをわかちあえることを大いに期待している」とコメントした。

地元ファンも歓喜

 優勝に地元も歓喜に沸いている。区内木月の総合建築業『ホームビジョン』の坂下咲子さん(39)は「ホーム戦はほぼ全試合観戦してきて、優勝を待ち望んでいた」と喜びをかみしめた。同社は、1階スペースにポスターやユニフォームを飾り、ブレイブレッド一色に染めファンが集える場を提供してきた。チームのSDGs活動「&ONE」にも協力し、「今後もチームを中心に交流の輪を広げていきたい」と思いを込めた。

喜びに沸く坂下さん親子
喜びに沸く坂下さん親子

中原区版のトップニュース最新6

人気漫画の翻訳版、292冊

国際交流センター

人気漫画の翻訳版、292冊 文化

図書室に設置「学びの機会に」

10月22日号

中国・瀋陽(しんよう)の生徒と交流

市立橘高2年生

中国・瀋陽(しんよう)の生徒と交流 教育

友好都市40年を機に

10月22日号

現新、一騎打ちか

川崎市長選

現新、一騎打ちか 政治

10月31日投開票へ

10月15日号

図書館で原画展示

藤子ミュージアム10周年

図書館で原画展示 文化

10月15日号

区制50周年へ企画案

中原区

区制50周年へ企画案 社会

「交流を深める機会に」

10月8日号

子育てパパを主役に

街ナカアート

子育てパパを主役に 文化

参加型企画、大盛況

10月8日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook