中原区版 掲載号:2021年3月19日号 エリアトップへ

アニマモール SNS活用し譲渡率増 飼育者、動物の生活など発信

社会

掲載号:2021年3月19日号

  • LINE
  • hatena
取材に応える福田所長
取材に応える福田所長

 川崎市動物愛護センター「ANIMAMALL(アニマモール)かわさき」で今年度、保護した犬や猫を新しい飼い主のもとへ引き渡す譲渡の成立率(譲渡率)が上がった。新型コロナの影響で定期譲渡会ができないなか、職員らが動物の様子や飼育側の思いをSNSで発信するなどの取り組みが功を奏したとみられる。

 今年度は1月末時点で、保護した犬や猫の収容数470頭(前年度比191減)に対し、譲渡数は345頭(同101減)。譲渡率は73・4パーセント(同6・0ポイント増)となった。

 月に1度行っていた譲渡会には毎回250人前後が参加していたが昨年3月から中止。一般公開の機会がなくなった分、インターネットで積極的に情報発信しようとフェイスブックの活用を決めた。職員らが収容時の様子や個々の動物の性格など「飼育しているからこそ分かる情報」をテーマに週に数回、文章と写真を投稿。今年1月にはツイッターも活用し始めた。同センターの福田依美子所長は「飼い主のもとで愛されて育つことが保護動物にとっての幸せ。SNSでの投稿を機に、譲渡会を知らない人にも情報を届けられたのなら嬉しい」と話した。

緊急時の対応「平時から備えを」

 ペットを飼育する際に課題となるのが緊急時の対応だ。令和元年東日本台風の際、市危機管理室はペットの同行避難が可能という旨のアナウンスを発信。だが、周知が行き届かずペットを理由に避難しない人や避難所レベルで断る事例もあった。これを受けて市は昨年7月、ケージの持参を条件に風水害時の同行避難は可能とウェブサイトに明記した。福田所長は風水害時の飼育について、避難生活のシミュレーションや避難所以外の預け先を家族で考えるなど、平時からの備えの重要性を訴える。コロナ下においても「感染し入院することになった場合にペットがきちんと暮らせるような準備をしておいてほしい」と話す。
 

無料で資格!川崎で介護スタート

無料で資格を取得して川崎市内で介護スタッフとして働きませんか?

http://kawasaki-kaigo.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

生涯スポーツ、体験の場に

とどろきアリーナ

生涯スポーツ、体験の場に スポーツ

主催者「運動不足を解消して」

5月7日号

川崎市と連携 モデルへ

チャット相談あなたのいばしょ

川崎市と連携 モデルへ 社会

「望まない孤独」対策、前進

5月7日号

飲食店で「哲学カフェ」

中原区有志6人

飲食店で「哲学カフェ」 社会

対話重ね、まち活性化へ

4月30日号

感染避け、ラーメンで支援

向河原のこども食堂

感染避け、ラーメンで支援 社会

人気店が協力 公開空地を活用

4月23日号

児童の体力向上支え10年

地域スポーツクラブKSD

児童の体力向上支え10年 スポーツ

記念誌発行で振り返る

4月23日号

開かずの踏切、改善へ一歩

平間駅

開かずの踏切、改善へ一歩 社会

JR 新たな制御装置導入

4月16日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

【川崎市】新型コロナウイルス

ワクチン接種などの情報を随時更新中 接種券の発送日等が変更になりました。

https://www.city.kawasaki.jp/kurashi/category/22-5-15-5-0-0-0-0-0-0.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年5月7日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter