中原区版 掲載号:2021年3月26日号 エリアトップへ

運転免許自主返納 市内で減少 コロナ影響か 75歳以上は顕著

社会

掲載号:2021年3月26日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市内で昨年一年間に運転免許証を自主返納した75歳以上の高齢者は2184人で、前年より2割近く減少した。新型コロナウイルスの感染拡大で外出を控えた人が多かったことが一因とみられる。一方、高齢者が関わる人身事故は横ばいで、中原警察署では「運転に不安があれば相談を」と話している。

 高齢運転者による交通死亡事故が全国で増えていることを背景に、市内でも運転免許証を自主返納する人が近年増加。しかし昨年は6070人で、前年の6287人より217人減少した。うち75歳以上は2184人で、前年の2670人より2割近く減った。県全体でも同様の傾向が見られ、前年比2391人減の4万3768人だった。県警交通総務課の担当者は「一概には言えないが、コロナで外出を控えたことが一因ではないか」と話している。

 中原区内の返納者は前年比56人減の880人。緊急事態宣言が解除され、外出しやすい季節にもなることから、中原署では「運転に不安があれば、まず相談してほしい」と危機感を強めている。

 自主返納した際に交付される「運転経歴証明書」は、提示することで各種サービスが受けられる。県内では3月17日時点で186の企業や団体が協賛。商品の割引や無料配送などの特典があり、身分証明にもなることから同署では申請を促している。

「高齢者絡み」横ばい

 一方、65歳以上の高齢者が関係する人身事故は横ばいだ。昨年市内で発生した高齢者が絡む人身事故は892件(前年901件)。人身事故全体の2878件のうち、約3割が高齢者が関係している。同署では「コロナで交通事故が減った印象はなく、公共交通機関を避け自動車で移動したケースもあったのでは」と推測。一般ドライバーには、高齢者の特性を踏まえた運転の必要性を呼びかけている。

中原区版のトップニュース最新6

人気漫画の翻訳版、292冊

国際交流センター

人気漫画の翻訳版、292冊 文化

図書室に設置「学びの機会に」

10月22日号

中国・瀋陽(しんよう)の生徒と交流

市立橘高2年生

中国・瀋陽(しんよう)の生徒と交流 教育

友好都市40年を機に

10月22日号

現新、一騎打ちか

川崎市長選

現新、一騎打ちか 政治

10月31日投開票へ

10月15日号

図書館で原画展示

藤子ミュージアム10周年

図書館で原画展示 文化

10月15日号

区制50周年へ企画案

中原区

区制50周年へ企画案 社会

「交流を深める機会に」

10月8日号

子育てパパを主役に

街ナカアート

子育てパパを主役に 文化

参加型企画、大盛況

10月8日号

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年10月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook