中原区版 掲載号:2021年5月28日号 エリアトップへ

市商連 「次世代への継承めざす」 柳沢氏、会長就任で抱負

社会

掲載号:2021年5月28日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市商店街連合会の総会が5月24日に行われ、任期満了を迎えた深瀬武三会長に代わり、柳沢正高氏(74)が新会長に就任した。任期は1期2年。商店街を取り巻く環境や課題、今後の展望について方針も示した。

在り方模索する時

 来年に創立70周年を迎える市商連。本来であればその機運を高めるための企画を練る時期だが、新型コロナの影響で会議すら十分にできていないという。柳沢会長は「商店街は商品やサービスの提供だけでなく、地域コミュニティーの担い手としての役割も果たしてきた。今その存在意義を示せず悔しい」と危機感を抱く。それでも「考える時間があるからこそ、今後の在り方を模索する機会だ」とも。

 商店街を存続させるためのテーマの一つが「次世代への継承」。役員の多くが創立時からの2世代目にあたり、高齢化が進む。柳沢会長は「やる気のある若手リーダーに託せるかが今後の課題」と強調する。加盟する商店街は99(2019年度)あり、155あった20年前と比べ4割近く減少。店舗数においては7633件から3636件と半減以下になった。こうした中、膝元のモトスミ・オズ通り商店街は若手役員への移行を進めるなどし、会員増につなげている。

 市商連の主な業務には、市全域にわたる事業の推進や行政との連携などがある。ただ、地区の取り組みを後方支援することも重要と捉える。「市の人口が増え、街の特色も異なる。地域の実情や社会変化にあわせて対応すべき。『かわさきハロウィン』はその成功例の一つ」と柳沢会長。

 市はコロナで停滞する地域経済の消費喚起策として「川崎じもと応援券」を発行、第2弾が始まる。「市民やお客様目線になっているか、店舗側の立場を踏まえているか、内容や仕組みについて今後検証する必要がある」。商店街の賑わい再創出へ歩みを進める。

中原区版のローカルニュース最新6

21シーズンの軌跡

中原図書館

21シーズンの軌跡 スポーツ

フロンターレ情報満載

6月24日号

ヘリ飛ばし水防訓練

中原消防署

ヘリ飛ばし水防訓練 社会

関係5機関96人が参加

6月24日号

女性議員割合23・3%

県内市町村アンケート

女性議員割合23・3% 政治

川崎25%、3政令市でトップ

6月24日号

新キャプテンに古谷選手

新キャプテンに古谷選手 スポーツ

レッドロケッツ 新体制を発表

6月24日号

小学校に図鑑を寄贈

川崎北法人会

小学校に図鑑を寄贈 社会

青年部・女性部会 40年記念で

6月24日号

3年ぶり、21人で始動

少年消防クラブ

3年ぶり、21人で始動 教育

中原署で結成式

6月24日号

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook