中原区版 掲載号:2021年7月30日号 エリアトップへ

市政報告 安全対策に懸念リニア新幹線工事見直しを 日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

掲載号:2021年7月30日号

  • LINE
  • hatena

 東京外郭環状道路建設中に起きた調布市の陥没・空洞化事故は、川崎市民にも衝撃を与えました。なぜなら、市内では同様のシールド工法でリニア新幹線の工事が進められ「地上部には影響がない」とした説明が成り立たないからです。市内の路線延長は16・3Km、中原区は約2Km(等々力緑地―富士通―中原電車区―新城)に及びます。路線区域内の新城地域は、2007年〜10年にシールド工法による雨水幹線を整備した際、3回の陥没が発生。最大で地盤が2m沈下、長さ40m、幅40mの範囲(08年)に及びました。軟弱地盤はこの地域でもよく知られています。3月議会で地盤調査をJR東海に実施させ、一連の調査の結果を住民に公表すべきと指摘。住民の合意がないまま工事に着手すべきではなく、計画そのものを見直すべきです。

大庭裕子

市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ooba-yuko.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

動き出した等々力緑地再編整備計画

市政レポートNo.136

動き出した等々力緑地再編整備計画

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

9月24日号

老朽化・経費負担大きく小中学校のプール廃止について

市政報告

老朽化・経費負担大きく小中学校のプール廃止について

川崎市議会議員 松原しげふみ

9月24日号

「川崎じもと応援券」を新生児へ/妊娠中の方とパートナーにコロナワクチン接種/JR南武線連続立体交差事業、新工法で前進か!?

更なるコロナウイルス対策を―今と未来、両方を見つめて―

市政レポートNo.106

更なるコロナウイルス対策を―今と未来、両方を見つめて―

議会運営委員会委員長 原 典之

9月3日号

桜並木等の保存と渋川について

市政レポートNo.135

桜並木等の保存と渋川について

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

8月27日号

東京五輪を成長の起点に

意見広告

東京五輪を成長の起点に

衆議院議員 やまぎわ大志郎

8月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook