中原区版 掲載号:2021年10月15日号 エリアトップへ

今季も「攻めて勝つ」 山内主将が意気込み

スポーツ

掲載号:2021年10月15日号

  • LINE
  • hatena
オンライン取材に応じた山内主将
オンライン取材に応じた山内主将

 バレーボールのVリーグがきょう10月15日に開幕。V1女子・NECレッドロケッツはあす16日に、川崎市とどろきアリーナで開幕戦を迎える。主将の山内美咲選手(26)が6日、本紙のオンライン取材で今季の意気込みを語った。

♢ ♢ ♢

 Vリーグで過去6度の優勝を誇る同チームだが、昨季の成績は3位。今季も「攻めて勝つ」チームスタイルで、日本一奪還を目指す。山内選手は「どのポジションからでも決定打を生み出せる『全員バレー』にこだわりたい」と語る。

 今年は、島村選手ら3人が東京オリンピックの日本代表メンバーとしてチームを離れていた時期も。山内選手は「その間、他のメンバーでしっかり土台をつくれた。そこに世界で戦った3人や外国人選手の加入もあり、よりパワーアップした」と手応えを見せる。

 今季も新型コロナ感染症拡大防止のため、試合会場では入場制限が続く。それでも、「会場にサポーターがいてくれるだけで、選手のパフォーマンスは上がる。苦しいとき、ハリセンの音が後押しになる」と語る。

「地域の力」活力に

 今年はリブランディングの年として、エンブレムの刷新のほか、地域活動もより一層活発になった同チーム。地域での美化活動や子どもたちとのオンライン交流会に参加した山内選手は、「地域の皆さんに応援してもらえていることを実感した。『365日身近に感じられるチーム』がテーマの一つ。競技に興味がなかった人も私たちをきっかけに観戦してもらえれば」と笑顔。

 最後に、「地域の皆さんの応援が力になっている。私たちも、バレーボールを通して人と人のつながりや夢をもたらしたい。今年も応援お願いします」と地域一丸で臨む姿勢を見せた。

意気込む選手ら=NECレッドロケッツ提供
意気込む選手ら=NECレッドロケッツ提供

中原区版のローカルニュース最新6

男女で県V 春高へ

市立橘高校バレーボール部

男女で県V 春高へ スポーツ

初戦は1月5日、新潟代表と

12月3日号

児童から感謝の声

新城鈴虫愛好会

児童から感謝の声 教育

命の大切さ伝える授業で

12月3日号

海外の絵本32冊寄贈

川崎とどろきRC

海外の絵本32冊寄贈 社会

市国際交流協会へ

12月3日号

ドリブル上達に「思考力」

プログラミング×サッカー

ドリブル上達に「思考力」 スポーツ

川崎Fらが企画

12月3日号

「生きづらさ」テーマ

中原図書館展示

「生きづらさ」テーマ 教育

保護司のお薦め本も紹介

12月3日号

SDGs制度、新たに220者

SDGs制度、新たに220者 社会

第3回市パートナー

12月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年12月3日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook