中原区版 掲載号:2021年12月3日号 エリアトップへ

衆院選 2021 当選議員に迫る1 (全4回) 「第6波への備え急務」 田中和徳氏(72)自民党/神奈川10区

政治

掲載号:2021年12月3日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市議時代から38年、衆議院議員として丸25年の実績を重ね、9期目の当選を果たした。新型コロナが流行し始めた当時は復興大臣で、以降も党役員を務めていた状況下で地元での活動は制限。「行事も中止となり地域の方との接点が持てず、駅前での街頭演説も行えず、厳しい選挙戦だった」と振り返る。

 国政での優先課題は、コロナ第6波への備えだ。「感染が広がる国がある中、3回目接種の適切な実施は急務。ワクチン各社の特徴を把握し、国民の理解が得られる説明責任を果たす必要もある」と強調。命と生活を守るには経済発展も不可欠。「医療や社会福祉の財源も不足している。歳入が伸びないとコロナ対策すらできなくなる」

 日本の経済を牽引してきた川崎市の将来も不安視する。「ものづくりやハイテク企業がリードしてきた川崎だが、JFEの問題、コロナの影響もある。海外からの企業誘致など新たな発想も求められる」。国民の所得を上げることも責務だ。

 犯罪を減らすため、責任者として議員立法で成立させた「再犯防止推進法」は着実に成果を上げる。一般刑法犯の認知件数は2002年の285万件超から、昨年は約61万件へと大幅に減少。「世界一犯罪が少ない国、住みやすい安全安心な街」に手応えをつかむ。

 政治家の原点は「川崎の置かれている立場や思いを国政に反映させる決意」。今も人口が増え続け、多様化する世代ニーズを受け止め、市の行政も支援していく考えだ。

 最近の関心事は歴史と宇宙。「日本人のルーツや人類誕生前からの地球環境も興味深い」。科学技術振興議連DFD研究会会長として、書籍や映像などで研さんを積む。

 党国際局長などを歴任し、公務で訪れた国は99カ国に及ぶ。「パプアニューギニアは古き良きものが多く残る素敵な国。百カ国目はどこになるのかな」と微笑んだ。

園児募集中です!

中原区上小田中に企業主導型保育園が開園!伸び伸び育みます

https://teriha.jala.co.jp

<PR>

中原区版のコラム最新6

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月28日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook