中原区版 掲載号:2022年5月20日号 エリアトップへ

市政報告Vol.15 市バス経営改善の取り組み 川崎市議会議員 重冨たつや

掲載号:2022年5月20日号

  • LINE
  • hatena

 令和2年度、市バスはコロナ禍による乗車料収入減少(グラフ参照)の影響で、緊急的な資金調達が必要となり、臨時的な企業債を活用して約16億円の資金調達を行いました。また、令和3年度決算でも同様の手法での資金調達が見込まれています。そこで今年度からの中期経営計画では、「経営基盤の強化」を重要課題としています。具体的には、【1】運転手を含む職員の時間外勤務縮減による人件費の圧縮、【2】お客様アンケートの分析を踏まえたサービスの向上などがあげられています。

【乗車料金値上げ】

 乗車料金については、今年度中の値上げに向けて手続きを進めています。平成26年度に横浜市営バスが220円に値上げして以降も、川崎市営バスが210円で運行してきたことを誇らしく思っていましたが、現在の経営状況では仕方のない判断だと考えます。市議会ではすでに値上げの条例を可決していて、現在は国との調整を行っています。市バスには、採算を度外視した公共的な役割が求められる側面もあることから、毎年度、川崎市本体から一定の資金援助が行われています。これを増額することで乗車料金の値上げを防ぐことも考えられましたが、今後、既存の大型バスでは走行が難しい地域などでの移動手段確保などにも財源が必要となることから、市バスについては単独での経営改善を目指す必要があります。

【利用者の声】

 経営改善の実現は中期経営計画にもありますが、利用者目線のサービスをいかに追求できるかにかかっているように思えます。地方のバス会社では、戸別訪問をして利用者ニーズの把握を行い、経営改善につなげた事例があります。市バスに乗る方のご意見、乗らない方のご意見、それぞれを踏まえた経営改善が実現できるように調査・研究を続けていきます。

重冨たつや

https://t-shigetomi.com

中原区版の意見広告・議会報告最新6

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

市政報告

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

川崎市議会議員 松原しげふみ川崎市議会議員 松原しげふみ

6月24日号

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

市政レポートNo.142

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

みらい川崎市議会議員団 副団長 おしもとよしじ

6月24日号

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

「緊急事態に関する国会審議を求める意見書」を国に提出。緊急時における憲法のあり方含め議論を!

参院選神奈川立候補予定者アンケ

神奈川県選挙区の立候補予定者にアンケートを実施。回答を政治の村サイトで公開中

https://seijinomura.townnews.co.jp/election/2022/sangiin-q.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook