中原区版 掲載号:2022年7月1日号 エリアトップへ

川崎市 シェアサイクル本格運用 きょうから、利便性向上へ

社会

掲載号:2022年7月1日号

  • LINE
  • hatena
中原区役所前のサイクルポート
中原区役所前のサイクルポート

 川崎市は、新しい移動手段の一つとしてシェアサイクルの本格運用を7月1日から開始する。約2年9カ月かけ行った実証実験の結果から、事業性や有効性が確認できたことから実施となった。今後、自転車を乗り降りするサイクルポートの設置を増やすなど、利便性向上を図る。

 シェアサイクルは、24時間利用可能で、市内外問わず同じサイクルポートに自由に返却ができる。利用料金は最初の30分が130円。その後15分ごとに100円がかかるシステム。

 本格運用にあたって、市は昨年6月に県内でシェアサイクル事業を展開するオープンストリート(東京都港区)と協定を締結。実証実験で使用してきた市内8エリアにある267のサイクルポートを活用する。利用方法は変わらず、今後さらに公園など公共施設の他に、民間の協力を経て、ポート数の増加を目指す考えだ。

実証実験でニーズ確認

 市は2019年3月から、実証実験を開始。当初、多摩区の登戸・向ヶ丘遊園駅周辺と川崎区の殿町・大師河原(川崎区)の2エリアを対象に約2年。21年4月から12月までは、中原区の武蔵小杉駅周辺など、市内6エリアを追加し8エリアに広げて行った。

 拡大後は、利用状況が4月から12月にかけ約6割増加。主に駅や周辺商業施設などへの移動に多く使用された。平均すると、利用回数は3万8680回/月で、1日1台あたり1・4回となり、事業性が認められる結果となった。

 また、シェアサイクルを利用し始めた理由を聞いた、アンケート調査では、「便利」が約7割、「安い」が約5割など利便性を実感している回答が寄せられた。

 武蔵小杉駅周辺エリアには、29のサイクルポートがあり、実証実験期間中は1万399回/月使用された。駅周辺に商業施設があり、駅の利用をはじめ、買い物などを目的をする人が多く利用していた。市は「5年でポート数を2倍にする計画。便利になるよう努めたい」とコメントした。

 シェサイクルの詳細は「HELLOCYCLING」のホームページを参照。

中原区版のトップニュース最新6

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ

川崎の地酒

「出穂(しゅっすい)」で連携 5年目へ 社会

実行委、広い水田を検討

8月12日号

区民祭 4年ぶり開催へ

区民祭 4年ぶり開催へ 文化

ステージ発表など催し予定

8月12日号

「にぎわい」へ夏に焦点

多摩川河川敷

「にぎわい」へ夏に焦点 社会

市、あすから社会実験

8月5日号

民間移行へ対応模索

市立中学部活動

民間移行へ対応模索 教育

休日中心に2月まで試行

8月5日号

「後継者育成」新たに要望

市商連

「後継者育成」新たに要望 社会

活性化求め3会派へ

7月29日号

「子ども食堂の今を知って」

「子ども食堂の今を知って」 社会

あす、小杉でフォーラム

7月29日号

伊藤聡子さん講演会

宅建協会川崎中支部主催

http://www.kawasaki-naka.jp/

中原区商店街連合会

川崎市中原区小杉町3-245(中原区役所内)044-744-3161

https://nakashoren.jp/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook