神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年4月5日 エリアトップへ

県政報告Vol.6 県議会への移籍から1年 日本維新の会 神奈川県議会議員 松川正二郎

公開:2024年4月5日

  • X
  • LINE
  • hatena

 川崎市議会から神奈川県議会へと籍を移しまして1年が経ちました。昨年4月の県議会議員選挙では、「増税の前にやるべきことがある・かながわ温故知新」、「まずは家計負担の軽減を」をスローガンとして、「行政のムダ削減」、「県下教育費ゼロ」、「人財のフル活用」という政策を掲げて参りました。以下、これらの点につきまして、令和5年度の動きを報告して参ります。

 まず、「行政のムダ削減」についてです。デジタルや民間活力を活用した事務事業の見直しの結果、令和6年度は新たに40億円の財源が確保されたとのことです。この点、今後も議会を通じて注視して参ります。

 次に、「県下教育費ゼロ」について、これまでも私立高校の学費補助については、年収700万円(多子世帯は800万円)未満の世帯を対象に授業料の実質無償化が行われてきましたが、令和6年度からは多子世帯については年収910万円未満までと、年収上限額の引き上げが行われます。他方で東京都では所得制限が完全に撤廃されます。多摩川を渡り都内の私立高校に通う生徒は、同じ授業を受けているにもかかわらず学費の負担額が大きく異なるという状況が生じます。都内私立高校の平均授業料は年間47万5千円ということですので、3年間で実に142万円強の差が出ることになります。県としては、県外通学者への補助については他県の動向や関係団体との意見交換を踏まえつつ、検討を行うとのことです。

 最後に「人財のフル活用」について、高齢者への就労支援というトピックがございます。高齢者の能力と経験の活用は、人口動態を勘案すると、地域の活性化と経済の持続可能性のために不可欠です。他方で定年制企業の72・3%は60歳を定年としているところ、60歳以上の求職希望者の53・7%が仕事が見つからないとのデータがあります。企業側は人材不足を訴えつつも、高齢者人財を積極的に雇用する姿勢が不足しているとの指摘もあるところです。県としては広報の強化や企業との交流の場の拡充等の施策で対応を図っていくとのことです。

神奈川県議会議員 松川正二郎

TEL:044-328-9619

http://matsukawa.top/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

森林環境譲与税改正にかかる本市の影響

市政報告Vol.11

森林環境譲与税改正にかかる本市の影響

川崎市議会議員 三浦えみ

5月17日

水道料金値上げは秒読みか

市政報告Vol.26

水道料金値上げは秒読みか

川崎市議会議員 重冨たつや

5月17日

すべての子どもに学びの機会と居場所を

市政レポートNo.13

すべての子どもに学びの機会と居場所を

みらい川崎市議会議員団 高橋みさと

5月10日

中原区の市制100周年記念事業(後編)コアまつり安全対策&AEDのコンビニ設置

町内会・自治会がなくなったら

市政レポートNo.132

町内会・自治会がなくなったら

自民党川崎市議会議員団団長 原 典之

5月3日

さらなる保育料引き下げを

市政報告

さらなる保育料引き下げを

日本共産党川崎市会議員団 市古 次郎

5月3日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月24日0:00更新

  • 5月17日0:00更新

  • 5月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年5月25日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook