神奈川県全域・東京多摩地域の地域情報紙

  • search
  • LINE
  • MailBan
  • X
  • Facebook
  • RSS
中原区版 公開:2024年5月24日 エリアトップへ

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した 脇本 靖子さん 市内在住 44歳

公開:2024年5月24日

  • X
  • LINE
  • hatena

社会課題を地域と解決

 ○…4月に川崎市男女共同参画センターの新館長に就任した。史上2番目の若さで、在職19年目の大抜擢だ。歴代館長を事務局長やディレクターとして支えた実績から、先輩たちの推薦を受けた。重責だが「前館長からさまざまなことを教えてもらいながら、同じ視線で取り組んできた。同じ気持ちで進めたら」と、気負いはない。

 ○…兵庫県北部の出身。1995年の阪神淡路大震災の当時は中学生だった。地元に大きな被害はなかったが、テレビで見る被災地の様子に心を痛めながら日常を送った。2011年の東日本大震災では川崎に避難した女性たちに支援物資を届け、女性のための相談会も市内の避難所で開催。女性や子どもが災害時に直面する困難や課題に触れ、女性の視点からの「地域防災」にも取り組み始めた。

 ○…学生時代は滋賀県の大学で教育心理学を、関東の大学院では教育経営学を学んだ。大学院では「地域と学校」をテーマに据え、研究の一環として川崎のNPOでボランティア活動をする中で、地域の力で社会課題を解決する魅力を知り、NPO専従スタッフを経て同センターへ。当時はまだジェンダーの問題を勉強中だったが、知人男性の言葉に発奮したという。「『男女共同参画は法律もできて、解決済みの問題。それよりも結婚して子育てして別の分野で働きなさい』と。悔しかった」

 ○…センターには日々、家庭の事情で働けずにいる女性など、多様な「困りごと」を抱えた人がやってくる。その一方で、センターの認知度はまだ十分とは言えない。「私たちから地域に出ていくことで『困りごと』の背景にある課題を把握し、地域と連携しながら課題解決に向けて取り組んでいきたい」

使用済み「ろうそく」を回収しています

南部斎苑、北部斎苑に、ろうそく回収ボックスを設置しています

https://www.kawasoukyo.com/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

小山 正見(おやま まさみ)さん

趣味の「俳句フォト」の魅力を伝えるイベントを、あす6月15日に開催する

小山 正見(おやま まさみ)さん

木月在住 76歳

6月14日

森 勝利さん

川崎野球協会の会長を務める

森 勝利さん

幸区在住 80歳

6月7日

斎藤 優貴さん

数々の国際ギターコンクールで優勝し、世界を舞台に活躍するギタリスト

斎藤 優貴さん

川崎市出身 26歳

5月31日

脇本 靖子さん

川崎市男女共同参画センター「すくらむ21」の館長に就任した

脇本 靖子さん

市内在住 44歳

5月24日

山田 洋志さん

データ分析で教育情報を透明化するITベンチャー「ガッコム」社長

山田 洋志さん

高津区在住 43歳

5月17日

高橋 宏和さん

川崎郷土・市民劇『百年への贈り物―川崎市誕生ものがたり―』で主役を演じる

高橋 宏和さん

多摩区在住 52歳

5月10日

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月14日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 5月31日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2024年6月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook