麻生区版 掲載号:2011年8月19日号
  • googleplus
  • LINE

介護の現場【2】職員の声 水中リハビリで介護支える 取材協力/介護老人保健施設 アクアピア新百合

リハビリ中の利用者の手を引く荒明さん
リハビリ中の利用者の手を引く荒明さん

 「ゆっくり足をあげましょう。左右交互に足を20回あげてみてください」

 屋内プールに響く快活な声。高齢者でも聴こえ易いようにゆっくり大きな声で呼びかける。荒明大貴(24)さんは水中リハビリのインストラクター。介護老人保健施設アクアピア新百合(区内黒川318)に勤務している。

 水中リハビリとは、水の浮力を利用したリハビリ方法。水中で歩行訓練やボールなどを使ったレクリエーションを行い、身体機能の回復につなげる。同施設では、一日35人ほどが利用する。

 荒明さんが介護の道を選んだのは専門学生の時。スポーツトレーナーを目指し、就職先を探していた最中、恩師が福祉の現場で働くことを勧めてくれた。ヘルパー2級の資格を取るための研修で初めて高齢者と触れ合った時、人と人のつながりが成り立っている仕事の奥深さを感じたという。

 普段歩くことが難しい高齢者がプールの中では自力で歩く練習をする。インストラクターはその補助に徹する。手をしっかり差し伸べ、心までもをサポートする。「お孫さんや趣味についての世間話などでまずは心の距離を縮め、信頼関係を築いています」と荒明さんは話す。水中では、普段あまり話をしたがらない利用者も自然と表情が柔らかくなるという。

 利用者の中には「プールの時間がなによりの楽しみ」「身体も動くし、気持ちも晴れやかになる」という喜びの声も少なくない。

 現在、施設には約130人の職員がいる。若手の介護職員として活躍する人も多く、荒明さんは「自分も若い男性職員として現場を元気にしていきたい」とこれからの介護を支える若手として意欲を燃やす。
 

麻生区版のローカルニュース最新6件

「加入者減」課題を共有

市子連

「加入者減」課題を共有

4月13日号

防犯アプリの配信開始

川崎市

防犯アプリの配信開始

4月13日号

藤嶋昭氏が講演

藤嶋昭氏が講演

4月13日号

衛生士会と連携を確認

県歯科医師会

衛生士会と連携を確認

4月13日号

中原区で特養開設へ

白山福祉会

中原区で特養開設へ

4月13日号

市民館で将棋の対局

中等教育学校で、男女共学に

詳しくは学校説明会へ(公式サイトから要予約)

http://toin.ac.jp

<PR>

麻生区版の関連リンク

あっとほーむデスク

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

和太鼓と和楽器の競演

アルテリッカしんゆり

和太鼓と和楽器の競演

5月4日~5月4日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生郷土史料館タイアップ企画

    柿生文化を読む

    第122回 シリーズ「麻生の歴史を探る」民間信仰(6)石造物〜馬頭観音 後編

    4月13日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2018年4月13日号

お問い合わせ

外部リンク