麻生区版 掲載号:2015年10月9日号 エリアトップへ

監督、脚本を務めた初の長編コメディ映画「野生のなまはげ」を完成させた 新井 健市さん 岡上在住 43歳

掲載号:2015年10月9日号

  • LINE
  • hatena

「老若男女が楽しめる作品」

 ○…秋田で捕獲された「野生のなまはげ」。都心に迷い込み、悪役に苦しめられながらも、出会った少年と故郷の秋田を目指すファンタジック・コメディを作り上げた。9月には渋谷で上映されチケットが売り切れるなど、上々の反応を得た。「自分にとって興味深い存在だったなまはげと、以前から撮りたかった少年と動物の交流というテーマを合わせてコメディにしました。今夏に上映するという条件で資金提供などをお願いしたこともあり、それが実現できてまずはほっとしています。でも本当はこれからが勝負なので引き続き作品をPRしていきたいです」と気を引き締める。

 ○…埼玉県生まれ。映画監督への夢を見据えていた訳では無かったが、パソコン関係のサポート会社に勤めていた20代の頃、何となく脚本作りの学校へ。「書いていると次は映像を撮りたくなるんですよ。30代で映像関係の学校に通って、その後は働きながら短編作品を作っていました」。国内外問わず各地の映画祭に作品を出品し、グランプリや入賞を続けるなど、一定の評価を得ている。

 ○…主人公の少年を「麻生守」と名付けるなど地元愛を少々加えた今作は昨夏から1年ほどかけて撮影した。「ロケ地が点在していて暑い時期の移動が苦しかった事とかいろいろありましたが、作品を観てもらって初めてそういった思いが完結する気もします」。映画は撮影が終わってからが始まりという気持ちは強い。

 ○…「野生のなまはげ」には、人との交流からうまれる温もりとシュールな笑いが混在する。「老若男女が楽しめると思います。人に笑って楽しんでもらうことが僕と人とのコミュニケーションだと考えています。まずはこの作品が多くの人に観てもらえるよう取り組んでいきたい」。11月には渋谷で2回目の上映が予定され、DVD製作や各国の映画祭出品など、笑いを伝える映画監督としての挑戦は続いていく。

麻生区版の人物風土記最新6

鈴木 洋さん

麻生安全運転管理者会の会長を務める

鈴木 洋さん

王禅寺東在住 60歳

9月24日号

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

音楽家で「1000人合唱」プロジェクトを企画した

新屋 賀子(しんや よりこ)さん

王禅寺東出身 47歳

9月17日号

田澤 梓さん

管理栄養士で、子育て相談サロン「ままカフェしんゆり」代表を務める

田澤 梓さん

王禅寺西在住 41歳

9月10日号

児嶋 脩(ひさし)さん

麻生区クールアース推進委員会の委員長を務める

児嶋 脩(ひさし)さん

千代ヶ丘在住 82歳

9月3日号

上田 和雄さん

寺子屋くりぎだいのメンバーで「プログラミング発表会」を企画した

上田 和雄さん

白鳥在住 71歳

8月27日号

後藤 正和さん

はやの柔道クラブの代表を務める

後藤 正和さん

早野在住 44歳

8月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月24日0:00更新

  • 9月17日0:00更新

  • 9月10日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

2曲の民族舞踊を体験

2曲の民族舞踊を体験

10月5日から 麻生市民館で

10月1日~11月5日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook