麻生区版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

市16年度一般会計予算案 過去最大6390億円 対前年度で201億円増

政治

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は8日、2016年度の当初予算案を発表した。一般会計は過去最大の6390億円、特別会計と企業会計をあわせた総額で1兆3880億2599万円となった。

 歳入の根幹である市税は、納税者数の増加を背景に3015億円を見込み、初めて3千億円を超える。一方で建設事業などの財源を調達するための借金である市債は対前年度で76億円増の592億円となった。

 一般会計の歳出のおよそ5割が人件費や生活保護費、児童手当といった扶助費などの義務的経費で財政の硬直が続く。中でも扶助費は対前年度で98億円増の1680億円と当初予算の4分の1以上を占める。

 事業別でみると、子育て関連では、待機児童解消の継続に約464億円を計上。認可保育所の受け入れ枠の拡大を図るほか、病児・病後児保育施設を増設する。さらに、慢性的に不足する保育士を確保するため、300人分の家賃補助を新規事業として行う。ほか、小児医療費の助成対象を小学校3年生まで拡充させるための費用として約40億円、中学校完全給食の推進費用には約8億4千万円を充てる。

 超高齢社会に対応する費用として約57億円を計上した。各区で地域包括ケアシステムの強化を図るほか、介護予防・日常生活支援総合事業を新たに実施する。また、特養ホームの整備などに取り組む。

 貧困対策では生活保護受給世帯の子ども学習対策支援対象を中学校3年生から中学校1、2年生までに拡充させることや生活保護者への就労準備支援に約2億5千万円を充てたほか、簡易宿泊所に居住する生活保護受給者に賃貸住宅への転居支援などにも取り組む。

 治安維持では防犯カメラの設置支援や路上喫煙、客引き行為の防止の対策などに約7億4千万円を計上。

 また、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みを強化するほか、市役所本庁舎の建て替えや渋滞対策のための交差点改良費の拡充、臨海部を活性化させるためのPR推進予算も増額した。

 予算案は15日から始まる市議会に提案される。
 

麻生区版のトップニュース最新6

「内水」想定区域は市内最小

麻生区内

「内水」想定区域は市内最小 社会

市がマップ配布 準備訴え

3月5日号

歌で復興応援 動画配信

区内歌手MiSAさん

歌で復興応援 動画配信 社会

市CM曲再録 、11日から

3月5日号

実用化へ有償運行開始

しんゆりシャトル

実用化へ有償運行開始 社会

ニーズを検証 5月まで 

2月26日号

「区民会議」刷新 案示す

川崎市

「区民会議」刷新 案示す 社会

2024年度、本格始動へ

2月26日号

食住近接地で完熟イチゴ

【Web限定記事】

食住近接地で完熟イチゴ 社会

昨年オープン 早野の農園

2月19日号

地域防災力向上に貢献

Web限定記事はるひ野町内会

地域防災力向上に貢献 社会

市功労者で表彰

2月19日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 2月26日0:00更新

  • 1月8日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

研修会で詐欺防止へ

研修会で詐欺防止へ

動画上映・講演会も

3月12日~3月12日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世人の生活の舞台としての鶴見川【6】 「鶴見寺尾絵図2」【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    2月26日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク