麻生区版 掲載号:2016年12月16日号 エリアトップへ

川崎JC マニフェスト大賞 最優秀賞に 高校生と市長の討論など評価

政治

掲載号:2016年12月16日号

  • LINE
  • hatena
昨年12月に行われた討論会の様子
昨年12月に行われた討論会の様子

 (一社)川崎青年会議所(川崎JC/青本栄太郎理事長)が昨年末に実施した、高校生が福田紀彦川崎市長のマニフェストを評価する取組みが、「第11回マニフェスト大賞」の最優秀賞(市民部門)に選ばれた。若者に政治参加を促すため高校生と市長が討論する場を設けるなど、全国に先駆けた取組みが高く評価された。

 マニフェスト大賞とは、政策提言意欲の向上をめざし、地方自治体の首長や議員、市民団体らを対象に、活動実績を表彰するもの。 川崎JCの取組みは、公職選挙法改正による選挙年齢引き下げを受け、有権者予備軍の高校生に政治参加意識を高めてもらうため、シチズンシップ教育の一環として企画された。任期半ばを迎えた福田市長が就任時に掲げたマニフェストを、10人の高校生が市長と直接討論するなどして検証。また、検証結果などを5段階の「通信簿」という形にして市民に解りやすく伝えた。

 こうした取組みが、有識者や大学教授らで構成される同大賞の審査委員から「とても先進的でシチズンシップの教材としても活用可能」と高く評価。応募総数2514件の中から、市民部門でトップとなる最優秀賞を受賞した。川崎JCは「大変光栄。シチズンシップ教育の中にマニフェストという題材を取り入れた日本初の取組みで、高校生にも良い刺激になったと思う。課題に対して目を向ける環境を提供する大切さも再確認できた」と話した。

市長「全国に広めて」

 川崎JCのメンバーは今月2日、福田市長の下を訪れ今回の受賞を報告。同OBでもある市長からは「素晴らしい取組み。単にイベントだけで終わらせず全国に広めることが川崎JCの役割だ。若者の政治参加を促し投票率向上にも繋げてほしい」とエール。青本理事長は「次回は市長の任期となる来年に実施したい。最終的には、全国の学校の授業などで取り入れてもらえる仕組みを作りたい」と意気込みをみせた。

報告を終え、市長を囲むJCメンバー
報告を終え、市長を囲むJCメンバー

麻生区版のトップニュース最新6

過去5年で最少

区内火災件数

過去5年で最少 社会

救急は前年比221件増

1月14日号

「農家の暮らし」を本に

区内シニア有志

「農家の暮らし」を本に 社会

中山会長「若い世代へ」

1月14日号

地域コミュニティを推進

新春インタビュー

地域コミュニティを推進 政治

三瓶区長、今年の展望語る

1月7日号

区内3人に厚労大臣表彰

区内3人に厚労大臣表彰 社会

地域福祉への貢献を評価

1月7日号

川崎の新時代へ「挑戦」

川崎の新時代へ「挑戦」 政治

福田市長、2022年を語る

1月1日号

12年に1度「寅薬師」

修廣寺

12年に1度「寅薬師」 文化

今秋開扉 住職も交代

1月1日号

あっとほーむデスク

  • 1月14日0:00更新

  • 1月1日0:00更新

  • 12月24日0:00更新

麻生区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

落語で特殊詐欺防止

落語で特殊詐欺防止

1月28日 区役所で研修会

1月28日~1月28日

麻生区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【2】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月14日号

  • 柿生文化を読む

    柿生文化を読む

    シリーズ「鶴見川流域の中世」中世史料・資料の隠れた宝庫 恩田郷(その2)【1】文:中西望介(戦国史研究会会員・都筑橘樹研究会員)

    1月7日号

麻生区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook